記事

国会 施政方針演説と代表質問

第198回通常国会が28日に召集され、天皇陛下は最後の開会式に臨まれ、「国民の信託に応えることを切に希望します」とおことばを述べられました。最近の国会を見ると、審議軽視の強行採決が目につき、とても国民の信託に応えているとは思えません。

安倍首相の施政方針演説では、厚生労働省の「毎月勤労統計」の不正調査問題で、初めて国会で陳謝しました。全体として、既存の政策の繰り返し、自画自賛が多く、「平成の、その先の時代に向かって」と7回も繰り返していましたが、具体的なビジョンは示されなかった、と報じられています。多くの課題が山積しているのに、訴える力の弱い演説だったと思います。

昨日から始まった代表質問では、野党は、厚生労働省の不正調査について、根本厚労相の罷免を求めましたが、安倍首相は改めて否定しました。

また、ロシアとの平和条約交渉をめぐっては、ロシアが異論を唱える「北方領土」ということばを使い、日本に四島の「主権」があると明言しました。これまでの立場を後退させたという疑念を払しょくすることを意識したものと思われますが、自国領だと主張するロシア側の反発が予想され、国内世論とロシアの出方を同時にみながらの苦しい答弁となっています。

昨年の国会では、財務省の公文書改ざんなど、政府の不祥事が相次いで起きましたが、立法府である国会が、十分にチェック機能を果たせたとはいえず、大島衆院議長が自省を求める異例の所管を発表しました。統計の不正調査は、政策決定のもとになる統計が正しくなかったということで、立法府の行政監視の力が問われています。

与党野党を超えて、立法府としての役割をしっかり果たしてもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「厚労省の勤労統計不正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    コロナにゲイツ氏「100年に1度」

    ロイター

  4. 4

    よしのり氏 休校は英断ではない

    小林よしのり

  5. 5

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  6. 6

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  7. 7

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  8. 8

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  9. 9

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  10. 10

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。