記事

「外交の弱さは軍事力の無さが原因」政治ジャーナリストの櫻井よしこ氏が憲法改正を訴え

1/3
BLOGOS編集部

ニュースキャスターで政治ジャーナリストの櫻井よしこ氏が1月16日、都内で行われた内外ニュース主催の講演会で、朝鮮半島やアメリカ、中国、ロシアをめぐる外交や防衛態勢について解説した。南北の融和ムードが続く朝鮮半島情勢については「韓国がなくなることを前提に外交を考えるべき」としたうえで、「朝鮮半島が全部北朝鮮の勢力に席巻されるかもしれず、その後ろに中国がつくかもしれない」と持論を展開した。

さらに、「一党独裁体制、ファシストの国に直面しなければならないことを認識すれば、もう少し準備を整えようという気になるのではないか」と日本の防衛態勢を確立する重要性を指摘し、「朝鮮半島の有事に備えるためにも、1日でも早く憲法改正しなければならない」と改憲を改めて訴えた。

朝鮮半島情勢に言及した櫻井氏は、北朝鮮との融和政策を進める韓国の文在寅大統領の思想は北朝鮮の影響を受けていると指摘。韓国大法院(最高裁)が新日鉄住金に対し、日本での労働を強制されたと主張した韓国人男性への損害賠償を命じた、いわゆる「徴用工問題」を引き合いに出し、韓国の司法へ親北朝鮮勢力が浸透しているとした。

徴用工判決は親北判事増えた韓国の司法事情が影響

櫻井:韓国で現在起きている事は尋常ではないことで、韓国がなくなるということを前提に外交をしなければならない。文大統領は弁護士出身で、北朝鮮・金日成の左の思想を信じていると言われています。

選挙の公約は「積弊の除去」。「積む」に「弊害」で積弊。それを無くしていくというのが公約でした。この弊害というのは、日本と関係する全てのことだとされており、「北朝鮮との間に連邦政府を」とも語っています。

前大統領の朴槿恵氏は32年間の刑が確定し獄中にいます。彼女がどのように弾劾され、裁判にかけられたか。彼女は今66歳で、32年間だと98歳まで獄中にあるという大変過酷な刑を科せられました。銀行口座など様々なことを調べると、朴さんが、1円足りとも不正なお金を受け取っていないことがわかっているんですが、200億ウォンの罰金を科せられました。約20億円です。

こうした無謀な裁判が行われているのはなぜか。文さん、さらに前の廬武鉉氏など左派の大統領が作った司法制度が問題なのです。文さんは裁判官に親北朝鮮、反日、反韓国の人など、全て左の方々を起用しました。もちろん、積弊の除去が公約ですから、日本の影響を受けた人、日本的なもの、日本の影響を受けた韓国の主流派の韓国人もダメということです。第二次世界大戦以降の日本から解放された韓国の歴史そのものを否定するわけです。

今の韓国の最高裁は、左翼判事が多数を占めています。この体制が整ってから、朴さんの裁判が急激にスピードアップし、有罪となったわけです。

徴用工問題でもとんでもない判決を下しました。一番の問題点は「日本の朝鮮統治そのものが違法だった」としている点です。統治は、朝鮮の素晴らしい社会、倫理といったものを全て踏みにじるもので、合法と認めることはできないというのです。

日韓請求権協定で徴用した人々や募集に応じた労働者への賠償を終えているのですが、「日本人が行ったことは、朝鮮半島の公序良俗を侵し、極めて非人道的で国際法に違反していたため、慰謝料を請求している」という論理です。もしこの論理が使えるとすれば、なんでも慰謝料の対象になります。「日本の名を名乗るように言われ、私は傷ついた」や、「やりたくもない仕事をやらされて傷ついた」など、ありとあらゆることで慰謝料の請求ができるようになってしまいます。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国議員が米有力紙で日本を非難

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    韓国で身内を守る嘘が溢れる背景

    NEWSポストセブン

  3. 3

    街で腕組むカップルが減った理由

    山口浩

  4. 4

    早実 性動画の拡散で大会辞退か

    文春オンライン

  5. 5

    徴用工の複雑化は日本にも原因

    大塚耕平

  6. 6

    よしのり氏 韓国批判を封じるな

    小林よしのり

  7. 7

    原発処理水の海洋放出は世界基準

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    北の秘密警察 AV鑑賞で絶体絶命

    高英起

  9. 9

    山本太郎氏はYouTubeに力入れよ

    かさこ

  10. 10

    イランと会談 日韓対立に影響も

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。