記事

「ウナギを食べたいから守る」 密漁で消える水産資源の将来 勝川俊雄×鈴木智彦

1/2

漁業の現場に暴力団が深く浸透している実態を描いた『サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』(小学館)が注目を集めている。29日、同書の著者であるフリーライター鈴木智彦さんと、日本の水産業の実態に詳しい東京海洋大学准教授の勝川俊雄さんによるトークセッション「ゆれ動く日本の水産業と食文化を考える――豊洲市場移転、漁業法改正…そして、サカナとヤクザ」が、東京都品川区のイベントスペース「ゲンロンカフェ」で開かれた。

絶滅が危惧されるウナギをどう守るべきか。そして、密漁・密流通がはびこる漁業は今後どんな道筋をたどるのか――。83年の歴史を誇った築地市場の閉鎖や、漁業法の70年ぶりの改正など漁業を取り巻く環境が目まぐるしく変わる中、国内外の漁業の現場を研究してきた勝川さんと、密漁など裏社会が暗躍する実態に迫ってきた鈴木さんが、漁業の今後の在り方を話し合った。2人の討論の一部を紹介する。

絶滅恐れのウナギ 「食べたいから守る」が重要

フリーライターの鈴木智彦氏

鈴木氏は『サカナとヤクザ』で、九州や台湾、香港の養鰻場などを取材し、シラスウナギが国内に密輸される流れを描いた。ウナギの稚魚であるシラスは、3分の2が密漁・密流通という。2014年には日本ウナギが国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種IBに指定されるなど、将来はウナギが食卓から消えることも懸念されている。

ウナギを食べるべきか否かの議論について、勝川氏は「ウナギが食べられなくなるとみんな大騒ぎして、食べたいから守りましょうという動きになる。“ウナギを食べることは犯罪者”みたいにしたら、ウナギへの関心もなくなってしまう」と述べ、ウナギを食べるのと同時にどう保護するかを考える視点が重要だと指摘した。

さらに、「食べたいから今のうちに食べておこうではなくて、食べたいから守ろうというレベルにすることが大切。食べるなら未来につながる食べ方は何かを考えてほしい」と話し、水産業界には生産や流通の過程を明らかにすることなどの努力が必要と説明した。

鈴木氏は、ウナギの絶滅が懸念される中でも、減少していることを示すデータやエビデンスが不十分なため、「学者がウナギを減っていると言えない状況がある」と指摘。一方、勝川氏は「データのみからは言えないかもしれないが、日本全国でウナギを獲っている誰に聞いても、増えているなんて言う人はいない」と述べた上で、「水産資源の話は、魚が減っているから獲るなと国際的に日本が責められる。学者には“減っていない”と対外的に言うニーズがあった」と説明した。

様々な人が集まった築地はフォトジェニック

東京海洋大学の勝川俊雄教授

鈴木氏が2013年12月から4か月間の潜入取材を続けた東京・築地市場は、昨年10月に閉鎖された。勝川氏は築地市場について、「“寅さん”みたいな人がたくさんいて、いろんな人を受け入れる吸収力がおもしろかった。衛生的で素晴らしいというより、こんなとこで生ものを扱っている。それでオペレーションできているという点もまたおもしろくて」と語った。

鈴木氏は「生きているか死んでいるかは別にして、水族館みたいなもんで。半分は活魚で生かしているし、海が、魚が好きな人にしたら天国」と話すと、勝川氏は「すごい種類が集まっていて詳しい人が教えてくれるから、大変楽しいんです」と同調。さらに、鈴木氏は「でも、築地は素人が行くと、必ずぼられる。年末にみんなカニとマグロを買いに来るけど、たいてい悲惨な値段で買って帰ってくる」と付け加えた。

鈴木氏は潜入取材をした経験から、「トイレがすごく汚くて、写真を撮ったけどあまりに汚いから公開できない」と笑って振り返った。この他にも、「昔は高校野球で賭博が行われた」「包丁を持って乗り込んできた人を協力して囲んだ」など、築地市場にまつわる隠れたエピソードを明かし、「築地はフォトジェニックだった」と表現した。

あわせて読みたい

「漁業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。