記事

これから「銀行」は本当に不要になるのか

1/2

ITを活用した革新的な金融サービス「フィンテック」。銀行をはじめとする日本の金融機関はフィテックの活用に出遅れており、早晩、衰退するという見方が流布されている。それは本当なのか。大和総研の矢作大祐研究員は、日本の金融機関が「フィンテックで遅れているというのは誤り。ただし、金融サービスもガラパゴス化するなら、海外勢との競争に敗れるだろう」と警鐘を鳴らす――。

※本稿は、大和総研編著『FinTechと金融の未来』(日経BP社)の一部を再編集したものです。

フィンテックは既存の金融業を滅ぼすか


日本の金融機関はこれまでテクノロジーを積極的に取り入れたがゆえに、 金融サービスがガラパゴス化する恐れがある。そうなるとフィンテックでは、国際競争に敗れるかもしれない。※写真はイメージです(写真=iStock.com/Chunumunu)

FinTech(以下、フィンテック)という言葉が巷に氾濫している。フィンテックは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、ITを活用した革新的な金融サービス事業を意味する。

革新的な金融サービスを生み出すフィンテック企業の登場によって、銀行をはじめとする既存の金融業は衰退し、いずれ消滅するという見方が流布されている。だが、本当にそうなのだろうか。フィンテックの既存の金融業への影響を予測するには、フィンテックによって提供されている金融サービスの本質的な機能は何か、その機能が既存の金融業や金融サービスに対して、どれほどの破壊力を持つのかを、体系立てて分析する必要がある。

そこで我々はこの課題にトライすべく、お客のニーズはあるのに金融機関が商品あるいはサービスを提供しえてない分野を「隙間」ととらえ、隙間を埋める金融イノベーションを、その性格によって次の4つに分類した。 金融イノベーションがどの分類に属するかによって、金融業や社会に与える破壊力を、捉えられると考えたからである。4つのカテゴリーは次の通り。

プロセス・イノベーション=金融機関内部あるいは金融機関の間に存在する隙間
プロダクト・イノベーション=顧客と金融機関の間に存在する隙間
インフラ・イノベーション=各金融機関に横断的にかかわる金融インフラ上の隙間
ソーシャル・イノベーション=金融業を含む社会全体に存在する隙間

上から下に向かうほど、イノベーションが、金融機関内部から金融機関同士、さらに社会全体へと広がり、既存の金融業に与える破壊力は大きい。

中国での生活に不可欠となったAlipayとWechat Payment


大和総研編著『FinTechと金融の未来』(日経BP社)

では、既存の金融業の代表である銀行業において、金融イノベーションの具体的な例をみてみよう。まず、銀行の機能はどんな要素で構成されているかを知る必要がある。その金融イノベーションがどの分野の隙間を埋め、どれほどの破壊力があるかを予想するためだ。

銀行業は「金融仲介機能」「信用創造機能」「決済機能」の三つの要素で構成されている。三つの要素のうち、ここでは「決済機能」に着目する。決済機能とは預金口座間の振替や送金で企業間や企業と消費者間の商取引や公共料金の支払いができる仕組みである。

決済機能分野におけるフィンテックの代表選手であるモバイル決済サービスの主戦場は新興国にある。既存の金融機関による金融サービスが成熟していないため、代替的な決済手段を提供するフィンテック企業が活躍できる隙間が大きいためだ。

例えばスマートフォン決済が増加する中国では、2017年時点で5億人以上の利用者を抱えるAlipay(2004年に登場した第3者決済サービス)、最近利用者が増えているWechat Payment(テンセント)が、小口決済サービスのグローバル・プラットフォーマーとしての地位を固めている。

両者の小口決済サービスとも、利用者である購入者と請求者の手数料負担が小さい仕組みが、利用者数の大幅な増加につながっている。具体的には(1)購入者が事前に決済アプリ上のアカウントに銀行などから資金をチャージし、(2)購入者がアプリを用いて決済送金の指図を行い(購入者もしくは請求者のいずれかのQRコードの読み込みでも行える)、(3)第3者決済機関(例えば、Alipay)のアカウントに送金するという仕組みを取っている。基本的には即時に送金・決済がなされ、購入者の請求者も手数料は徴収されないか、もしくは非常に少額になっている。

さらにクレジットカード、携帯電話代金、光熱費などの生活費、配車サービスアプリの滴滴行車など幅広い決済に対応できる利便性を持つ。よって中国における生活費の決済は、概ね両社の決済を通じて行うことができる。両者に代表されるスマートフォン決済は、生活に不可欠な決済手段として中国社会にすでに根付いている。

あわせて読みたい

「金融」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

  10. 10

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。