記事

子連れでチンピラに絡まれたらどうするか

2/2

■それでもガラの悪い人物に当たったら

ガラの悪い男にカラまれたからといって、いきなり殴りかかってくることはない。手を出せば、傷害罪で一発アウト。だから恐れることはなく、毅然として対峙すればよい。繰り返しておくが、いきなりポカリということは絶対にないのだ。

では、ガラの悪い男はどうやってインネンをつけるか。意外かもしれないが、論理的に攻め、「おまえが悪い」という図式に持っていく。手を出した場合を想定し、手順を踏んでカラんでいるのだ。

たとえば、こんなふうになる。

「こらッ、人の顔、なにジロジロ見てるんだ!」
「見てませんよ」
「見てねえ? じゃ、てめえ、オレがウソついてるってのか?」
「ついていません」
「じゃ、見てるってことじゃねぇか! ちょっとこっち来い!」

おわかりだろうか。「見てません」という返答を逆手に取り、テコにし、「じゃ、オレがウソつきか」と恫喝していく。

「ウソつきです」

と言えば、「この野郎!」となる。

「ウソつきではない」

と返答すれば、「ジロジロと顔を見た」は論理的に事実となり、結論は「ジロジロと見たおまえが悪い」ということになって、インネンは正当化される。

実際、こんな例がある。知人の若いサラリーマンのS氏が家族を乗せて運転中、路地の四つ角で対向車とぶつかりそうになったときのことだ。男が高級外車から降りてくるなり、

「どこ見てやがる!」

巻き舌で恫喝した。短髪の大柄で、金縁の色つきメガネを掛けていて、いかにも粗暴な感じだった。奥さんと小学生の子ども二人を車内に残し、S氏が応対する。「家族が見ていますし、一時停止義務は向こうにあるので、私も強気でした」とは後日、S氏が私に語ったことだ。

「なんで停まらないんだ!」

と男が攻めてくる。

「おたくが一時停止でしょう」

S氏が踏ん張る。

「てめぇ、オレが停まらなかったって言うのか?」
「停まらなかったじゃないですか」
「それがわかっていて、てめぇはなんで停まらねぇんだ。この野郎、わざと突っ込んできやがったな。てめぇ、ケンカを売る気か!」
「ケンカなんか売ってません」
「じゃ、なんで能書き言うんだ!」

ガンガン押しまくられ、言葉に窮したところで、

「バンパーかすったから修理代を寄こせ」

と難クセをつけられ、その場で5万円を支払ったという。

「妻子が見てますからね。話がもつれて殴られでもしたらみっともないという思いもありますし、相手の言うことも一理あるような気にもなってきて……。早く話を終わりにしようと思ったんです」

と、S氏は言ったものだ。

似たようなケースはいくらでもある。肩がぶつかったとか、飲食店で子どもの足が当たったとか、難クセをつけるネタはいくらでも転がっている。難クセをつけられたお父さんも、相手が暴力を振るってきたのであればともかく、身の危険を感じたくらいでは110番はしにくい。こうしたグレーゾーンのトラブルは、警察が介入しないだけに厄介なのだ。こんなとき、お父さんはどう対処すればいいか。

相手の土俵に乗らないのだ。

「人の顔、なにジロジロ見てるんだ」

という攻めに対して、

「見てません」

と答えたのでは相手の土俵。

同様に、

「なんで停まらないんだ」
「おたくが一時停止でしょう」
「ケンカ売る気か」
「売ってません」

というのも相手の土俵だ。問いかけに答えること――これが相手の土俵なのだ。図式で書けば「Catch→Answer」で、これがまずい。

ケンカなれした人やディベートに強い人は、意識して「Answer」を素っ飛ばし、「Catch→Question」にもっていく。話を噛み合わせない。相手の土俵には絶対に乗らないのだ。


向谷匡史『最強の「お父さん道」』(新泉社)

「人の顔、なにジロジロ見てるんだ」
「何かご用ですか?」

相手は“二の矢”に詰まる。

「なんで停まらないんだ」
「どうしてもとおっしゃるなら、警察を呼んでいただいても構いませんが?」
「ケンカ売る気か」
「交番に行きますか?」

話を噛み合わせない。こういう言い方をすると“火に油”で相手の怒りを誘うように思うかもしれないが、それは誤解。噛み合わない難クセは恐喝になることを彼らはよく知っている。だから恫喝に対して堂々と胸を張り、“別の土俵”で紳士的に対応すれば相手は攻め手がなくなり、捨てゼリフを吐いて立ち去ることになるのだ。

■駅の酔っぱらいをどういなすか

駅のホームも“危険の宝庫”である。ぶつかった、足を踏んだ、携帯電話が鳴った、大股で座っていて席を詰めない、ヒジが当たったのに知らん顔……。腹が立つことが多く、眉間に皺を寄せて相手をニラみつけようものなら、

「なんだ、この野郎!」

ケンカになる。

夜になれば酒が入る。だから電車やホームの酔っ払いの多くはサラリーマンで、理性のタガが外れ、日ごろの鬱憤を見ず知らずの人にぶつけてくる──というパターンである。カラまれても、それに応じないでいれば暴力的な意味で身の危険は少ないが、一緒にいる家族が怖がってしまう。理性をなくした酔っ払いは子どもには不気味な恐さがあり、お父さんが何の対処もしないとなれば、権威は傷つく。ここが問題なのだ。お父さんは家族の身を守ると同時に、子どもを怖がらせないことが大事になってくる。

そこで、どうするか。私もホームで酔っ払いにカラまれた経験は少なからずあるが、

「うるさい!」

と応じると、酒の力もあり反作用で相手も強気に出てくる。これは酔っ払いの習性である。しかもケンカになって相手がホームから転落でもすればえらいことになってしまう。ホームでのケンカは、どういう理由があるにせよ、絶対に避けるべきなのだ。

私は笑顔であしらう。反作用が起きないようにいなすのだ。ただし、「お父さん、ご機嫌だね」といった軽口はNG。酔っていても軽口に対しては敏感に反応するもので、

「なに言ってやがる」

火に油ということになる。

■問いかけて、すっと引く

酔っ払いをいなすには、問いかけが効果的だ。

「お父さん、どこで飲んだの?」

問われると無意識に答えようとするのが人間心理で、

「新宿……」
「いい店があるの?」
「あるよ」

こんな調子で会話し、スッと引くのがコツ。家族連れの場合は、特にこのときの笑顔が大事で、子どもの目には“余裕のパパ”に見える。恐怖心はどこかへ飛んでしまい、頼もしく思うことだろう。

もし、粗暴な酔っ払いであれば、家族をガードしておいて、手近な男性に「駅員さんを呼んでください!」と大声で言う。視線を据えて頼むのがポイントで、「誰か!」と不特定多数に呼びかけたのでは動かない場合がある。自分を見つめて「呼んでください!」と言われれば、義務感が生じる。声を張り上げるのも、お父さんの勇気なのだ。

私はホームをさっと見渡し、酔っ払いや、行儀の悪い若者グループがいたら避ける。離れた位置で電車を待ち、彼らと同じ車両には絶対に乗らない。乗った車両に“危険人物”がいたら、次の駅でさっさと車両を変える。家族を連れたお父さんであれば、最低限、留意すべきことである。

----------

向谷 匡史(むかいだに・ただし)
作家、日本空手道「昇空館」館長
1950年、広島県呉市出身。拓殖大学卒業後、週刊誌記者などを経て作家に。浄土真宗本願寺派僧侶。保護司、日本空手道「昇空館」館長として、青少年の育成にあたる。著書に『考える力を育てる 子どもの「なぜ」の答え方』(左右社)、『浄土真宗ではなぜ「清めの塩」を出さないのか』(青春出版社)、『親鸞の言葉 明日を生きる勇気』(河出書房新社)、『角栄と進次郎 人たらしの遺伝子』(徳間書店)など多数。

----------

(作家/浄土真宗本願寺派僧侶/日本空手道「昇空館」館長 向谷 匡史 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「ヤクザ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  10. 10

    <日本の恥を世界へ>東京五輪開会式「演出家不在」の中途半端感

    メディアゴン

    07月29日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。