記事

韓国への対抗措置スピードアップ、党内と世論の後押しが必要

長嶺駐韓国大使が出席しての自民党外交部会、外交調査会がありました。

共同通信が、出席議員発言として「国民が求めているのは速やかな対抗措置だ。長嶺氏を韓国に帰さない断固たる姿勢を示すべきだ」と報じたのは私の発言ですが、外務省に対し併せて対抗措置のスピードアップを行い断固たる姿勢を貫くべきと主張しました。

私が口火を切りましたが、私の以後4人が同意見を述べ、さらに強い意見も出ましたが、私も含め5人が韓国に対し厳しい意見を述べたのみで、会期中で出席できない議員がいるとはいえ自民党内で声を挙げる人達が少なくなってきたのは由々しき事態と感じました。

また、金杉外務省アジア大洋州局長は大使召還について「日本企業に対する訴訟対応のため大使が韓国にいる必要性」を説きましたが、これも私は「今に至っては国民世論がついてこない。国民の思いとかい離している」と指摘しました。

一方、一部報道で長嶺大使が韓国に対して融和的な発言をしていたとの指摘に対しては(時事通信1月11日付)、私が質問したところ、大使はそのような発言はしていないと全面否定し、毅然たる態度を取り続けると発言しました。

より強い姿勢を求めるためには、有志で勉強会を開き積極的な対抗措置の検討と実施を政府に強く働きかけかけていかなくてはならない状況になるかもしれません。

対韓国に対しては行動あるのみだと思いますので、不断の行動をしていきたいと思います。

『自民、対韓強硬論続出』(ロイター=共同)

https://jp.reuters.com/article/idJP2019013001001236

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  5. 5

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  6. 6

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  7. 7

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。