記事

アメリカ人に肥満が多い理由のひとつは、睡眠不足?

1/2

「睡眠負債」と言えば、2017年の流行語ベストテンに選ばれた言葉ですよね?皆さまは解消されたでしょうか?

スタンフォード大学の教授が提唱しただけあって、アメリカ人の間で睡眠不足=sleep depriviationは眠れないほど深刻な問題です。疾病対策センター(CDC)が、2014年に「睡眠不足は世間一般に広がる伝染病」なるレポートを公表するほど。米国睡眠財団(National Sleep Foundation、NSF)が18〜64歳に7〜9時間睡眠を推奨する一方で、同財団の調査によれば、アメリカ人の3分の1の睡眠時間は6時間以下ですから、まさに「睡眠負債」が積み上がる状況と言えるでしょう。

年齢ごとの適切な睡眠時間は以下の通り。

NSF

皆様も既にご存知なように、より良い睡眠のためには長さだけではなく質の向上も不可欠です。NSFによれば、以下が有効とされています。

●一定の就寝時間を守る
●就寝前の寛ぎの時間をもつ
●日常的に運動する
●寝室の温度、音、光などを好みに設定する
●身体に合った枕とマットレスを選ぶ
●アルコール、カフェインなどの飲み物に気をつける
●スマートフォンやゲーム端末機などを遠ざける

アルコールの摂取量が年々増加し、コーヒー好きの人口広がりを見せ、さらにSNSの普及によりスマートフォンなどをベッドに持ち込む人々も多くなる現代。睡眠時間が短くなったり質が低下するのは当然の帰結でしょう。

とはいえ、ランド研究所の調査に基づけば、睡眠不足による経済損失が2016年時点で4,111億ドルとGDPの2.8%に相当するとあって、睡眠不足は何とか改善したいところ。特に、睡眠不足がもたらす健康上の問題は見逃せません。ニワトリとタマゴの議論になってしまうきらいはあるものの、肥満、糖尿病、うつ病などの割合は、睡眠時間が短いアメリカ人の間で高くなっています。特に肥満に関しては、アメリカの成人に占めるシェアとあまり変わりません。

●肥満
→睡眠時間7時間以下:33.0%、7時間以上:26.5%

●運動不足(過去1ヶ月間に一度も運動せず)
→睡眠時間7時間以下:27.2%、7時間以上:20.9%

●心臓病
→睡眠時間7時間以下:4.8%、7時間以上:3.4%

●ガン
→睡眠時間7時間以下:10.2%、7時間以上:9.8%

●脳卒中
→睡眠時間7時間以下:3.6%、7時間以上:2.4%

●糖尿病
→睡眠時間7時間以下:11.1%、7時間以上:8.6%

●うつ病
→睡眠時間7時間以下:22.9%、7時間以上:14.6%

あわせて読みたい

「肥満」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  2. 2

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  3. 3

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  7. 7

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  9. 9

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

  10. 10

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。