記事

リクルートスーツ いつから「黒」が定番色になったのか


 就職活動が始まるこの時期、リクルートスーツを購入しに大手紳士服チェーンを訪れる就活生も多いだろう。かつてリクルートスーツの色といえば「紺(ネイビー)」が無難とされてきたが、どうやら近年は定番色も変わっているようだ。ファッションジャーナリストの南充浩氏がレポートする。

 * * *
 私が25年ほど前に就職活動をしていたとき、リクルートスーツの定番色は「紺」だとされていました。就活ノウハウブックにも「紺が無難」と書かれていて、友人も軒並み紺のスーツを着用していました。

 しかし、いつの間にかリクルートスーツの定番は「紺」から「黒」へ変わりました。これはリクルートスーツだけでなく、成人式用のスーツも同じで、私の息子たちが2~3年前に成人式用のスーツを選んだときも、青山、AOKI、はるやまなどの紳士服チェーンすべてで、「定番は黒で、リクルートスーツにも使える」との説明を受けました。

 では、一体いつから定番色が変わったのでしょうか。販売員の人に尋ねてみると、「ちょっと定かではないですが、10~15年くらい前から黒のリクルートスーツが好まれ始めた」とのことでした。

 ちょうど2000年代初頭から後半にかけて、就職氷河期と呼ばれたころからでしょうか。もし氷河期からだとすると、黒のスーツは喪服にも使えて一石二鳥ですので、厳しい経済状況に置かれた若者たちが“着回し”のために編み出した知恵といえるのかもしれません。

 思い返せば、私が社会人になりたての1994年ごろは、まだ黒いビジネススーツ自体が一般の紳士服チェーン店や百貨店の平場のスーツ売り場には置かれていませんでした。

 映画や刑事ドラマなどで二枚目俳優たちに着用されている黒いスーツに憧れ、青山とはるやまに探しに行った思い出もありますが、「黒いスーツをください」と店員にいっても、「略礼服でしょうか?」と逆に尋ねられる始末。しかも、両店とも同じ対応で驚かされました。

「いえいえ、冠婚葬祭に出席するのではなく、テレビや映画で見かけるような黒いモードなスーツが欲しいのです」と言うと、両店とも「あいにく、そういうスーツを当店は置いておりません」との答え。私は「黒スーツは普通のスーツ屋では売っていないのか」と衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。

 そこで、DC(デザイナーズキャラクター)ブランド店をいくつか回ってみると、黒いスーツは目移りするほどたくさんありました。ただし、値段は青山やはるやまのスーツの2倍~4倍くらいしていました。

 結局、私は何店舗か回ったDCブランド店の中から「アトリエサブ」というブランド店で念願の黒いスーツを買いました。定価8万円のものが、バーゲン期間で5万円くらいに値下がりしていたのを覚えています。今、ビジネススーツで5万円というと、けっこう高めの値段に感じますが、このとき、回ったDCブランド店の中では一番安かったのです。

 このように私の体験から振り返っても、1990年代前半、黒いスーツというのは冠婚葬祭用の略礼服、もしくは燕尾服くらいしか一般のスーツ売り場には存在していませんでした。最新鋭のモードテイストを売り物としていたDCブランド店だけが高値で扱っていたのです。

 その後、黒いスーツが「リクルートスーツの定番」として一般大衆向けに売られる状況になったのは、1990年代後半からだと考えます。

 1999年、国内初のツープライススーツショップ「ザ・スーパースーツストア」(オンリー)が初出店しました。1万8000円と2万8000円のツープライスでスーツが売られており、しかも、青山やはるやまなどで扱っていた“おじさん向けスーツ”とは一線を画したファッショナブルなシルエットのスーツでした。

 ここには開店当初から黒いビジネススーツがあったと記憶しており、ようやく一般人でも安値で、略礼服ではない黒いスーツが買えるようになったのです。

 その後、若者向けの低価格スーツ店としてツープライススーツショップは大きな広がりを見せました。嚆矢となったザ・スーパースーツストアをはじめとして、青山の「スーツカンパニー」、はるやまの「パーフェクトスーツファクトリー」、コナカの「スーツセレクト」、AOKIの「スーツダイレクト(のちに店名をオリヒカへと変更)」という具合に一気に広がりました。このあたりでようやく低価格の黒いスーツが一般に広がったと考えられます。

 ところで、スーツの本場、欧米ではスーツの色はどうなっているのでしょうか。

 衣料品業界の関係者によると、欧米で最もベーシックでかつフォーマルだとされているのは「無地チャコールグレーのスーツ」で、次いで「無地濃紺スーツ」だそうです。25年前の日本でリクルートスーツの定番色が「紺」だったのも、欧米ルールに準じていた可能性が高いのではないでしょうか。

 しかし、スーツに詳しい人によると、紺よりはチャコールグレーの方がよりフォーマルな度合いが高いため、欧米の男性は無地チャコールグレーのスーツを好んで着るとのことです。その昔、日本のサラリーマンの多くがグレーっぽいスーツを着用して“ドブネズミ”と揶揄されましたが、その流行も元をたどれば欧米ルールに準じていたのかもしれません。

 さらに、チャコールグレーは「昼」の色、ネイビーは「夜」の色だともいいます。ですから、昼間のビジネスや会合ではネイビーよりもチャコールが好まれるといわれています。夜間の会合ではネイビーが好まれるそうです。

 このような欧米ルールに照らせば、黒のビジネススーツが成人式や就活の定番となりつつある日本人の慣習や着こなしはちょっと異質に映るのではないかと思います。

あわせて読みたい

「リクルート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。