記事

「宅ふぁいる便」の大規模情報漏えいに三上洋氏「史上まれに見る“バカな流出”」

 メールでは送りにくい大型のファイルを無料で転送するサービス「宅ふぁいる便」で、大規模な情報漏えいが発生した。

 宅ふぁいる便は今月22日に海外からの不正アクセスを確認し、翌23日にサービスを停止。25日にメールアドレスなど約480万件の情報漏えいを確認していたが、28日に新たに情報漏えいが発覚した。

 漏えいが確定した情報は、氏名、ログイン用メールアドレス、ログインパスワード、生年月日、性別、職業・業種・職種、居住地の都道府県名・郵便番号、勤務先の都道府県名・郵便番号、配偶者、子ども。すでに退会していても漏えい対象になっている可能性がある。

 今回の情報漏えいについて、ITジャーナリストの三上洋氏は「過去10年で一番びっくりした。史上まれに見る“バカな流出”だ。今回、漏えいした個人情報は暗号化が一切されていないという。暗号化して保存するのが当たり前で、2019年に起きたと思えない」と指摘。また、宅ふぁいる便にファイルが見られる可能性に問い合わせたところ「『まだ事例は確認されていないが可能性はある』と認めた」とした。

 では、宅ふぁいる便の利用者・利用したことがある人はどうすればいいのか。まず、宅ふぁいる便で使用していたメールアドレス・ログインパスワードを他のウェブサービスでも使っていた場合、そのログインパスワードを変更することを推奨。また今後、宅ふぁいる便を装う「偽装メール」が届いたとしても絶対に対応しないよう注意が必要だ。退会手続きもサービスの復旧(めど未定)まではできない。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

新たに「スクショ」も違法対象に…著作権侵害の注意点

あわせて読みたい

「情報流出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故 プリウスが欠陥なのか

    諌山裕

  2. 2

    日本の宗教テロ意識はなぜ低いか

    ヒロ

  3. 3

    インパール作戦 日本憎まない訳

    BLOGOS編集部PR企画

  4. 4

    秋篠宮さまが小室氏に求める一点

    文春オンライン

  5. 5

    白鵬の帰化申請に協会側が対抗策

    NEWSポストセブン

  6. 6

    音喜多氏「むちゃくちゃ悔しい」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    Winny事件 悲劇を生むネット無知

    壇俊光

  8. 8

    「日本式共稼ぎ」なぜツラいのか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    立民主導の反安倍体制作りは名案

    大串博志

  10. 10

    野党一本化のマスコミ論調に疑問

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。