記事

大阪地検特捜部元部長・元副部長に執行猶予が付いた件に就いて

朝日新聞が伝える所では、大阪地検特捜部元部長・元副部長の判決は有罪判決ではあったものの、予想外の執行猶予付きとの事である。
大阪地検特捜部のフロッピーディスク(FD)改ざん事件を隠したとして、犯人隠避罪に問われた元特捜部長の大坪弘道(ひろみち)被告(58)=懲戒免職=と元副部長の佐賀元明(もとあき)被告(51)=同=の判決が30日午後、大阪地裁であった。岩倉広修(ひろみち)裁判長は2人に懲役1年6カ月執行猶予3年(いずれも求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。


この記事に接しての第一感は、何故執行猶予が付くのか?と言う素朴な疑問である。

ライブドア事件の堀江元社長と比較して妥当なんだろうか?と言う疑問が浮かぶ。

堀江元社長の罪状とは、有価証券報告書での約50億円の虚偽記載と聞いている。

被害者は自己責任を原則とする株式市場での投資家に限定され、当然限定的である。

それにも拘わらず、地裁で2年6ヶ月の実刑判決が出され、上告するも高裁、最高裁とも棄却、実質門前払いとなり、現在服役中である。

一方、今回の事件は、無実の公務員を有罪にするために大阪地検特捜部が形振り構わず、前田元検事のフロッピーディスク(FD)改ざんに始まり、部長・副部長がもみ消しに関与したものである。

国家権力を笠に着た、検察特捜と言う組織がらみの極めて悪質な犯行と思うが、そうではないのだろうか?

日本と言う独立国家の床の間には、「法の下の平等」と言う立派な掛け軸が掛かっている。

しかしながら、その実態は雲の上の「特権階級」である検察関係者は優遇され、「生意気なベンチャー経営者」は完膚なきまでに叩きのめされるという「階級社会」ではないだろうか?

日本での起業に成功した野心的な若手経営者は、日本に留まらず、さっさとシンガポール辺りに移住した方が良さそうである。

今回の判決が焙りだした「刑事司法の闇」は国の屋台骨を揺るがす程に深い。

あわせて読みたい

「検察」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  7. 7

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  10. 10

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。