記事

石破茂氏がバラエティ番組で魅せたイメージ戦略と美人妻のサポート力

1/2
BLOGOS編集部

2019年1月、石破茂が日本テレビのバラエティに続けて出演した。1月20日(日)「行列のできる法律相談所」、1月24日(木)「ダウンタウンDX」、両番組とも初出演となった。日テレバラエティの新年度ファーストクール(1月~3月)の推しは「♪パンケーキ食べたい」の夢屋まさるかと思いきや、パンケーキではなく防衛アンパンマンだったのか?

政治家がバラエティーに出るメリット

石破茂と言えば、昨秋は安倍晋三盤石が続く自民党で勝ち目なしの総裁選に立ち、安倍派と石破派(反安倍派)、党内勢力の現状を票数として国民に知らしめた。(改ざん、不正、虚偽が続く昨今の政府関連統計の中で、総裁選の結果票数は、疑わずに信頼できるデータだったことに総裁選の意義があったのだと思えたりするが、それはまた別の話だ)。

とにもかくにも石破は次期総裁(首相)候補として名が挙がる一人として、かつて防衛大臣、党幹事長などの要職にあったが、現在は実権から蚊帳の外に置かれ、赤い頬を寒風にさらして更に赤らめながら、潮目が変わるのを待つ身だ。

そうして迎えた新年は、石破茂にとって仕切り直しイヤーの幕開けでもある。そんな石破と日テレの間に何があったのか。何を握ったのか。どんな思惑が合致したのか。石破の日テレバラエティ出演連発は、防衛アンパンマンとアンパンマン放送局の親睦だけではない、読売グループの大いなる意向を標すサインなのか…。

言わずもがな、政治家がバラエティ番組に出演することにはシンプルな意味がある。親しみやすい横顔を見せることでの好感度アップ、人気タレントと共演することでのイメージアップ。また、帰省せずに地元有権者へテレビを通して挨拶代わりとする、ふるさとポイントのアップもある。

果たして、石破茂による今回の日テレ人気番組連続出演は、結果何をもたらしたのか、検証してみる。

まず、「行列のできる法律相談所」でメイン企画となったのが、石破の「顔がコワい」問題だった。以前、石破が保育所を訪れた時に、石破を見た子ども達が「怖いよ~」と、いっせいに泣き出したという。
< 2019年1月20日放送「行列のできる法律相談所」(日本テレビ) >

東野幸治「VTRにありましたけども幼稚園児が泣くんですか?」

石破茂「いちばん最初に総裁選挙出たとき(2012年)、防衛の石破だってみんな思ってたのね。やっぱり今までと違うキャラを見せようっていうんで、保育園行ったわけですよ。「おじさんだよー」とか言うと、みんな逃げ惑うのね。これはね悲しかったねぇ~(笑)。日テレさんとかさ(マスコミ取材が)色んなのいっぱいついて来るわけ。子どもが逃げ惑う場面ってのは、もう(放送用の映像を)頂きみたいなところがあって」

スタジオ「(爆笑)」
この、顔コワい問題にフックをかけて、石破に「笑顔を教える」ゲストとして登場したのが「えいごであそぼ」(NHK Eテレ)に出演する子役・村山輝星(きらり)ちゃんだった。姿を現しただけで周りから「カワイイ…」と溜め息が漏れるキラッキラッの8歳少女が、かりんとう饅頭みたいな容貌の61歳に、可愛げな表情とハツラツな身ぶりたっぷりで、英単語のレッスンを通して笑顔を教えた。

「SMILE」では、言いながら両手広げて顔の横でひらひら。「ENJOY」では、お腹の前で両手をつなぎ口の形に見立て「オーイ、オーイ」と腕を上下させてから「エンジョーイ!」とモンキーダンスのように飛び跳ねた。石破は8歳少女のアクティブなパフォーマンスを、こわばった笑顔とぎこちない動きでリピートした。

石破茂と村山輝星ちゃん、その構図はディズニー・ピクサー「モンスターズ・インク」のサリーと少女ブーのような、パターンとして「怪物と少女」という古典にのっとった、広く親しまれやすい組合せで映し出されていた。

一連のコーナーを終えて東野が輝星ちゃんに「石破さんは上手でしたか?」と訊くと、さすが子役界の新星、「わたしもイシバさんの笑顔見てたのしくなりました!」と満点回答。ここだけ切り取ると、まるで朝鮮中央テレビばりのプロパガンダ映像である。

しかし、石破の「行列」出演は、「顔コワい」いじりが基本OKなのだ、それを笑ってもいいのだ、ということを改めて喧伝することで、全国隅々に石破とのコミュニケーション・ハードルの「低さ」を広報する重要な役割を果たした。

これによって石破は、地方遊説のツカミとして「こんにちは、顔がコワイ石破です」を正面から使えるようになるだろう。

さらに、昨今のバラエティ界の潮流には、「出川哲朗」「野生爆弾・くっきー」「安田大サーカス・クロちゃん」という「グロかわ」な方面に追い風が吹く気圧傾向があり、その風が石破茂の背を押す気配もチラついた。

政治家の妻・石破佳子のトークスキル

続く「ダウンタウンDX」では、「愛妻家」という括りで、立川志らく、和泉元彌、FUJIWARA藤本敏史らと並び、メインゲストとして登場した。

石破は結婚36年目となる妻に対し、「誕生日と結婚記念日のプレゼントを、結婚以来欠かした事がありません!」という前フリから、愛妻家ぶりを披露していく。

< 2019年1月24日放送「ダウンタウンDX」(日本テレビ系) >

松本人志「(プレゼントは)ご自分で選ぶんですか? なんか秘書に意外とやっとけみたいな」

石破茂「それはしない、それはしちゃいけない」

松本「しててもテレビでは絶対に言わないでしょうね」

スタジオ「(大笑い)」

石破「私事で秘書を使ってはいけませんよ」

松本「あ~、なるほど」
自身のトーク冒頭から、政治家としての基本的公正さをキチリと挟んでくるあたり、衆議院議員11期の海千山千である。

この「ダウンタウンDX」での石破を見事にアシストしたのは、妻の石破佳子だった。昨年秋に自民党総裁選と結婚記念日が近かった際に、プレゼントを買うようなプライベートの時間がまったくない中で、石破が渡してくれたプレゼントが鳥取名物の地元のお団子だったというエピソードを、VTR出演で妻みずから詳しく語った。
< 同上より >

石破佳子「総裁選挙が9月20日にあって、ほんと大勢の皆さんにお世話になった。で、22日が結婚記念日なんですよ。夫が地元(鳥取)に帰っていて、ずっと挨拶回りをしてて、家に帰ってきて、『ただいま~』って言って、『きょうは何の日だ~』って言い始めたんですね。私もすっかりなんか忘れちゃってて答えられない。さあ何の日だったかな、なんだろうってしばらく考えたら、『結婚記念日だ』って言われて。『はい、お団子あげる』って、くれたんですよ。(略)結婚記念日でお団子買ってくれたの、ウフフフフフ」

スタッフ「お土産ですね」

佳子「でもやっぱり、考えたんでしょうね。なんにも買う時間ないから。なんか手ぶらじゃ帰りにくかったのかな。かわいそうだったかなと思って、フフフフフ。心がこもってるっていうのがやっぱ一番じゃないかなと思いますね、すべてどんなものを頂いてもね」
ご存知のとおり、昨年9月の自民党総裁選では負け戦に散った満身創痍の石破茂が、その裏側で妻への気配りも欠かさず、結婚記念日に地元のお団子を妻に渡すという微笑ましい庶民感満載のエピソードは、好感度を上げるのに非の打ちどころがないパーフェクトトークだった。

これは、政治家の妻だからそれなりにスピーチが上手く出来て当然…という一言では片づけられない、石破佳子のトークスキルを感じた。喋りの中に夫が登場し「きょうは何の日だ~」「はい、お団子あげる」など、間接話法で登場する石破茂に、石破本人が有する以上の愛嬌を付加させていた。

普段は、味気ない呪文みたいなスロートークの石破茂が、妻佳子のトークを通したとき、家庭ではこんなに愛嬌に充ちた会話をしているのかと思ってしまう。妻佳子のVTR出演は石破にとってビッグアシストを果たしていた。

あわせて読みたい

「石破茂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  9. 9

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  10. 10

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。