記事

毎月勤労統計・・誰がヒアリングを行なったのか、未だに不明

今日から150日間の通常国会がスタート。安倍総理などによるいわゆる「政府4演説」が行われました。

安倍総理は、アベノミクスの成果など色々なことを語っていましたが、まず今問われなければならないのは、そもそもアベノミクスの統計は正しいのか、ということ。

厚労省の基幹統計、毎月勤労統計の不正調査の原因究明も全くなされていない中で、アベノミクスでいい数字が出ているといくら安倍総理が言っても、信憑性を欠きます。

しかも、先週から私たち野党から政府与党側に投げていた質問に対する答えの一部が、今日返ってきました。驚くべきものでした。

まず、私たちの、「今回の不正調査で毎月勤労統計を再集計しなければならなくなったことで、政府全体の統計、発表物のどれだけに影響があるのか」という問いに対する政府の答えは、「わかりません」というものでした。まさに、アベノミクスでいい数字が出ている、と胸を張っても、本当にその数字が正しいのか、はっきりしません。

次に、先週火曜日に出された「中間報告」に関して、「誰が、誰に対してどのような調査ヒアリングを行なったのか明らかにすべし」という問いに対して、一応誰がヒアリングを「受けた」か、という資料は出てきました。

しかし、その内容を見ると、驚くのは、ひとりあたり15分間、という極めて短いヒアリング時間が多数。また「メールでヒアリング」というものもありました。これでしっかりした調査ヒアリングが行われたなどとはとても言えません。

また、誰がヒアリングを「行なった」のか、すなわち本当に外部有識者がヒアリングを行なったのかという点については、結局今日は、回答が出てきませんでした。

極めて不透明なままの、毎月勤労統計、そして政府全体の統計のあり方です。

国会審議の土台すら揺らいでいると言わざるを得ません。

あわせて読みたい

「厚労省の勤労統計不正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  10. 10

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。