記事

リスペクトなき好意が逆効果になった「週刊SPA! のランキング炎上」

1/2

雑誌「週刊SPA!」が「ヤレる女子大学生RANKING」なる物を大学の実名を挙げ5位まで掲載し、名指しされた大学などの猛抗議を受け謝罪する、ということがあった。

もうこの概要を聞いただけで、体中の穴から沸騰した血が噴き出している女性も多いと思うが一旦ティッシュを詰めてほしい。経緯も知らずに感情的になりすぎると「更年期か?」と揶揄され、「もしかして…問題がすり替わっちゃってる~!?」という、誰も得しない「君の名は。」が始まってしまう。

まず同誌が、どうして、何を根拠にそんなランキングを掲載したかというと、「法政大学!勉強ばっかしてそうだし欲求不満だからヤれる!」「大妻大学! 妻という文字が入ってるからにはヤれる!」「フェリス女学院大学!! 説明不要! ヤれる」というイメージだけで適当な大学を並べたわけではなく、元は「ギャラ飲み」を扱った記事だったのだ。

ギャラ飲みとは「男性が飲食代を負担し、飲み会に参加した女性に謝礼を支払うなどする飲み会」のことである。文字通り相手にギャラを払って開催する合コンのようなものだ。あくまで食事会のみ、性行為は含まれないのが「ギャラ飲み」の定義だが、普通の合コンだって男女が意気投合すればその場で「お持ち帰り」ということも当然あり得る。ギャラ飲みだって然り、だ。

そこで、同誌はギャラ飲みがしたい男女をマッチングさせるアプリを使用してギャラ飲みを開催。その場に来たギャラ飲み女子とヤれるかどうかを検証し、その結果をレポートしている。性行為が前提でないギャラ飲みにヤる気で来て、「こうすればギャラ飲みでヤれる!」という記事を載せることは、ギャラ飲みでのトラブルを誘発するおそれがあり、この時点で危険だ。

そして、この取材の一環として、使ったマッチングアプリの主催に「お持ち帰りしやすい女子大ランキング」を決めてもらい、SPA!がそれを「ヤレる女子大学生RANKING」と銘打って掲載してしまった、というのが今回の流れだ。

大切なのは「指さし確認」と「リスペクト」


この記事の問題は、多くの炎上に見られる「主語巨大化現象」だ。

ギャラ飲みして、そのまま同意の上お持ち帰りされる女子大生も確かに存在はするだろう。だがそれを記事にするとしたら、「ギャラ飲みに来た女子大生、槍田万子さん(仮名)をお持ち帰りできました」とだけ書くべきだ。

しかし今回のSPA!の記事は「ギャラ飲みに来た槍田万子さん(仮名)をお持ち帰りできました。槍田さんはヤマリン大学(仮)に在籍です。つまり、ヤマリン大学の女は全員ヤれます」と言ってしまっているようなものなのだ。

このランキングを作ったというアプリ主催が「この5大学の女全員抱いた」というメンズナックルに出てきそうな人だというならまた話は違うが、多分抱いてないだろうし、抱いていたとしても「※マッチングアプリ主催に限る、俺でもヤれるとは絶対思わないでください」と注釈をつけるべきだろう。この記事だと「この大学の女子大生なら誰とでもヤれる」というとんでもない誤解を与えてしまう。

あわせて読みたい

「週刊誌」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  8. 8

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。