記事

マクロン仏大統領、ゴーン被告の勾留状況に懸念表明


[カイロ 27日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は27日、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の勾留状況について安倍晋三首相に懸念を伝えたと明らかにした。マクロン氏は訪問先のエジプトで記者団に対し「勾留期間は非常に長く、勾留の状況は非常に厳しいと考えてきた。それを数回にわたり安倍首相に伝えた」と述べた。

ただ、ゴーン氏を巡る厳しい状況は仏ルノー<RENA.PA>と日産<7201.T>との連合の均衡を脅かすものではないと語った。

ゴーン被告は前週、ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を辞任した。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  2. 2

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  4. 4

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  5. 5

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  7. 7

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  8. 8

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  9. 9

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  10. 10

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。