記事

マクロン仏大統領、ゴーン被告の勾留状況に懸念表明


[カイロ 27日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は27日、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の勾留状況について安倍晋三首相に懸念を伝えたと明らかにした。マクロン氏は訪問先のエジプトで記者団に対し「勾留期間は非常に長く、勾留の状況は非常に厳しいと考えてきた。それを数回にわたり安倍首相に伝えた」と述べた。

ただ、ゴーン氏を巡る厳しい状況は仏ルノー<RENA.PA>と日産<7201.T>との連合の均衡を脅かすものではないと語った。

ゴーン被告は前週、ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を辞任した。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。