記事

大阪なおみ選手 全豪優勝おめでとう!

女子テニスの大阪なおみ(21)が、26日、メルボルンで行われた四大大会第1戦の全豪オープンのシングルス決勝で、ウィンブルドン選手権を2度制覇した、28歳のぺトラ・クビトバ(チェコ)を、7-6、5-7、6-4で下して初優勝しました。

昨年の全米オープン初制覇に続く四大大会2連勝の快挙で、まだ21歳ですから、これから、なおみ時代の到来が予想されます。大会後に、男女シングルスを通じ、アジア勢として初の世界ランキング1位になることも確定しました。快挙だと思います。

オーストラリアは時差があまりないので、テレビでも見やすく、昨日は5時半から、いろいろしながらですが観戦しました。大阪なおみは第1セットをとり、第2セットで、マッチポイントのチャンスがありましたが、強盗に襲われて左手を負傷してから、ここまで復帰してきたクビトバも素晴らしく、そう簡単には勝たせてもらえずに、第2セットを奪われます。

これまでの大阪なおみなら、ここで精神的に続かなくなるところで、第3セットを立て直し、ついに勝利できなのは、メンタル面の大きな成長といえると思います。また、昨年からトレーニングなどで10キロ体重を減らしたということで、フットワークがとてもよくなっています。

優勝後に、チームに感謝していましたが、活躍を支えたのが、2018年の女子テニス協会(WTA)最優秀コーチに輝いたドイツ人のサーシャ・バイン氏など、国際色豊かな「チーム・ナオミ」だと、報じられています。

バインコーチは、イケメンでもあり、全米優勝後に日本では、メディアにも多く取り上げられました。その他、フィットネスを担当するリビア出身の米国人アブドゥル・シラー氏などのチームに支えられての優勝、ということです。そうした優秀なコーチ陣が集まるのも、大阪なおみの可能性があるからかと思います。

プレー中のパワフルで集中した様子と、インタビューなどで素のまま自然体で答える、かわいらしさのギャップが人気の秘密なのでしょう。今回も、優勝後のスピーチで、まず「ハロー」と言って、会場を巻き込みました。いつも対戦相手を讃える態度も立派だと思います。スピーチのメモを読んだけれど忘れてしまった、と感謝のことばを述べていました。

テニスに集中できるように、メディアなども節度を持って接してあげてほしいと思います。これからの活躍にワクワクします。

あわせて読みたい

「大坂なおみ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。