記事

ホストクラブ通い女性、現実の隙間を埋めるべくネット多用

1/2
【「眠らない街」の深き闇(写真/アフロ)】

 近頃、東京・新宿の歓楽街・歌舞伎町では、若い女性の自殺や自殺未遂が相次いでいるという。

【写真】飛び降りが相次ぐ歌舞伎町のビルの現場

 2018年10月2日、歌舞伎町のあるビルから女性が飛び降り、死亡した。その女性はホストクラブの常連客で、風俗店で働きながら「担当」と呼ばれる目当てのホストに入れ込んでいた。

 このビルにはホストクラブやバーが15軒ほど入居する。周辺のビルも似たようなもので、目の前の通りは、通称「ホスト通り」。2018年10月のわずか1か月間で、100mほどしか離れていない2棟のビルで起きた飛び降りは、未遂も含めて少なくとも7件。街では、女性たちの飛び降りとホストクラブを関連付ける声は根強い。

 飛び降りた女性が亡くなった2日後の深夜、ビルの屋上に若い女性が立っていた。通行人からの通報で警官や救急隊員が駆けつけ、ビルの下にマットを設置。集まった野次馬も一斉に屋上を見上げた。

 シノさん(21才)。1年半、ホストクラブに通い続けた末の行動だった。

 都内の実家で両親と暮らす一人っ子。パツンと切りそろえられた前髪に、肩の少し下くらいまでの黒髪。透き通るような白い肌で、蛍光ピンクのネイルを塗る「普通の女の子」だ。一昨年4月、バイト先のガールズバーの同僚に誘われてホストクラブに行ったのが始まりだった。

「いつも接客する側なのに、行けばイケメンが褒めてくれてお酒も飲めて。活気のある時間に行ったら楽しくて『もっと行ってお金を使いたい!』ってなったんです」(シノさん)

 決断は早かった。ガールズバーを辞めて吉原(東京・台東区)のソープランドで働き始め、月70万~80万円をホストクラブで使うようになった。一晩で150万円をはたいたこともある。上客ゆえにVIPルームに通される特別扱いを受け、担当のホストとは沖縄旅行まで行った。

「ほかのどの客よりもお金を使って、自分だけ特別扱いされるあの快感。高級シャンパンを開けると、私のときだけお店にX JAPANの『Rusty Nail』が流れるんです。ほかは客でも、自分だけは彼女。そう思っていました。とにかく気持ちいいんです」(シノさん)

 シノさんの足がビルの屋上に向かったのは、ホストクラブや風俗店など「夜の業界」関係者が書き込むネット掲示板で、自分が叩かれているのを目にして落ち込んだのがきっかけだった。ちょうど、行くはずだった東京ディズニーランドへ行けなくなり、担当ホストと連絡がつかないことも重なった。気づけば屋上のふちに座り、足をぶら下げていた。

あわせて読みたい

「ホスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  4. 4

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  5. 5

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  6. 6

    コロナ巡る混乱 抗体ない深刻さ

    essa

  7. 7

    橋下徹氏「国立大学は甘えすぎ」

    橋下徹

  8. 8

    マスクなしで頑張る 森氏に批判

    女性自身

  9. 9

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  10. 10

    コロナで観光客減 非正規に危機

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。