記事

1月26日(土)ムネオ日記

 「毎月勤労統計」の不正調査が表に出てから厚生労働省の対応に大きな批判が出ている。

 不正調査問題でも特別監視委員会の樋口美雄委員長が22日行った記者会見で「組織的隠蔽は認められなかった」と述べたことに違和感と疑問を持つ人は多かったのではないか。全く生活感のない官僚的な対応に国民は怒っている。

 なんと職員への聞き取りを職員がしている。これでは厚労省に都合の良い報告書が出来るのは当然である。

 17年前、外務省が「鈴木問題」で内部調査した時も、上司が部下を呼んで一方的なシナリオを作っていた。正直にものを言い、筋を通したのは、今や知の巨人といわれる佐藤優氏だけで、あとは言われた通りの出来レースと聞いている。

 今回の毎月勤労統計の不正が長年どうして行われてきたのか徹底的に事実を明らかにすべきである。

 役員天国、官僚天下とよく言われるが、今こそ国民から選ばれた国会議員は国民目線で立ち上がるべきだ。

 かつて鈴木宗男は官僚を恫喝したと言われたが、私は恫喝をしたことはない。嘘、デタラメの説明をしたり、話をよく聞かない官僚に国民の代表の一人として正しい指導をしただけである。俺が政治家だという気概と責任をもって私は官僚に向かったのである。

信念と気概のある政治家の登場を期待したい。

 昨年7月、大阪堺市で起きたあおり運転を受け、オートバイに乗っていた高田拓海さんが死亡した裁判で「殺人罪」が適用された。

 あおり運転はあってはならない。しかも死に至らしめる行為はもってのほかである。

 高田さんのお母さんが「あおられた末に殺された。それがたった懲役16年の判決で悔しい」と涙ながらに話していたが、この魂の叫びは、殺人罪に問われた中村被告に届いているであろうか。是非とも高田さんの親の気持ちを中村被告に伝えてほしい。腹立たしい限りである。

 札幌から車で留萌に向かい、10時から北海道議会議員選挙に立候補予定の私の秘書をしていた浅野貴博君の事務所開きに出席。

 前回は新党大地推薦での当選だったが、今度は新しいステージ自民党公認で闘う。

管内より大勢の人が来て下さり、有難い限りだった。

あわせて読みたい

「厚労省の勤労統計不正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    トランプ氏の大相撲観戦に苦言

    早川忠孝

  2. 2

    反安倍勢力を警察が「予防拘禁」

    田中龍作

  3. 3

    トランプ氏の「不機嫌」外交術

    井戸まさえ

  4. 4

    トランプ歓迎 国民性出た千秋楽

    早川忠孝

  5. 5

    安倍首相はトランプ接待の達人か

    内藤忍

  6. 6

    安倍首相だけがトランプ氏と緊密

    城内実

  7. 7

    トランプ接待は国民に利点ない

    階猛

  8. 8

    トランプ氏が天皇会見重視する訳

    WEDGE Infinity

  9. 9

    ゴルフ外交 2首脳だけで話す価値

    和田政宗

  10. 10

    賛同者も? 長谷川豊氏の差別発言

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。