記事

奨学金破産が急増/追い込まれる貸与者本人

奨学金破産が急増/追い込まれる貸与者本人
写真拡大

 日本学生支援機構の奨学金返還者の自己破産件数が増加しています。機構によると、破産のために返済債務が免責となったのは、2012〜17年度で計1万8753件。16〜17年度は貸与者本人の破産件数が急増しており、経済理由で追い込まれる実態を色濃く反映しています。

 高等教育機関(大学、短大、大学院、専門学校等)の学生の約3人に1人が機構の奨学金を利用しています。主な貸与理由は授業料の支払いや生活費。17年3月に貸与が終了した大学学部生の平均貸与額は、無利子枠で241万円、有利子枠で343万円です。

 政府は返還金が「次世代への貸与原資」だとして返還を強く促す方針です。機構は破産に関して「直接的な理由は把握できていない」と説明。16年度時点で返還者本人の69%が破産時に延滞していたとしています。

 17年度時点で延滞者は15万7千人。機構は奨学金申請時に「確認書兼個人信 用情報の取扱いに関する同意書」を全員に提出させます。17年度時点の登録件数は 2万5288件にのぼります。

あわせて読みたい

「奨学金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。