記事

高須院長 レーダー照射問題に憤怒「韓国はフェイク国家」

【レーダー照射問題で韓国に呆れる高須院長】

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、依然として決着のつかない韓国海軍駆逐艦による日本の哨戒機へのレーダー照射問題についてお話をうかがいました。

 * * *
──韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊P1哨戒機に対する火器管制レーダー照射問題ですが、まったくもって日韓で協議できる状況ではないままです。

高須:これまでも散々わけのわからない主張をして日本を困らせてきた韓国だけど、今回の嘘のつきっぷりは、これまでに輪をかけてヤバいね(笑い)、常軌を逸している。もう、笑えてくるくらいだよ。

──まず、日本がいくつも証拠を出しているのに、韓国は「レーダーは照射していない」の一点張り。さらには、日本が事実を歪曲していると主張し、謝罪まで求めてくる始末です。

高須:つまり、韓国は嘘しかついていないということ。ちゃんとした国家がこんなに嘘をつきまくるなんて、本当にあるんだね。信じられない。むしろすごい。先生に怒られるのが怖くて、嘘をつき続けている幼稚園児を相手にしているみたい。そりゃあ話もできないはずだよ。

──さらに、レーダー照射問題とはまた別件で、1月23日に日本の海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍に艦艇に対して接近飛行を行ったと主張しました。

高須:どうしても日本が挑発行為をしていると言い張りたいということなのだろうけど、嘘を嘘で塗り固めてくるんだから、本当に恐ろしいよ。もう韓国は何でもアリな国になってしまった。まさか、隣国がこんなことになってしまうとは、悲しいことだね。

──国家間の関係が悪くなることは珍しくないと思うのですが、こういう形で事実とは異なる主張を繰り返してくるというのは、ちょっとないことですよね。

高須:これはもう敵国に対する態度だということなんだろうな。少なくとも友好国に対するものではない。日本を貶めるためなら、どんな嘘でもついてやろうという卑劣な態度を示しているわけだ。

 それこそ北朝鮮が朝鮮労働党の絶対的支配を誇示するために、国営メディアでありえない嘘を報じているでしょ。国内的に都合が悪いことは完全にスルーして、事実を捻じ曲げて労働党の素晴らしさを喧伝するようなニュースだけを流している。今、韓国政府がやっていることは、まさにそれと同じだよ。北朝鮮がフェイクニュースを流すのと同じようにして、韓国政府は日本に関する嘘を垂れ流している。韓国はフェイク国家だね。

──そんな韓国に日本はどう対処すればいいのでしょうか?

高須:これはちょっと難しいよね。たとえば、北朝鮮のフェイクニュースであれば、基本的に無視すればいい。でも、それは世界中が北朝鮮がフェイク国家であることを知っているからできることなんだよ。じゃあ、今の韓国はどうかというと、知見の深い人々であれば韓国が嘘つきだということは理解しているだろうけど、そこまで韓国の本質は知られているわけではない。だから、韓国の嘘を信じちゃう人もいる。それで日本は風評被害を受けるわけだから、たまったものではないよ。

 これで、もしも韓国がもっともっとひどい嘘をついてくれれば、世界中がフェイク国家であることを認識してくれて、日本も対処がラクになるのになあ…なんて思っちゃうね。なんなら、韓国をもうちょっと煽ってあげて、世界中が目を疑うような明らかな嘘をつかせるほうがいいのかも。さすがに極論だけどね(笑い)。

 それにしても、もしも、日本政府がいきなりこんなひどい嘘をついたとしたら、それはそれは世界中からバッシングを受けて、大変なことになるはずだけど、韓国の場合はそうはならないんだよなあ。韓国政府が何をしようと世界的な関心事ではないということなのだろうね。韓国は日本に嫌がらせをする前に、ちゃんと世界に興味を持たれる国になってほしいよ(笑い)。

──日本としては、もはやまともな協議は無理だと判断しているわけですが、果たしてこれでいいのでしょうか?

高須:ヘンに韓国に歩み寄るくらいであれば、協議をしないというのもひとつの選択ではあると思う。ただ、本来であれば、しっかり糾弾して、落とし前をつけさせるべきだろうね。「悪いことをしたら、ちゃんと謝らなければならない」ということを教えてあげなければいけない。ただ、どうして日本が韓国にそんな当たり前のことを教えなければいけないんだっていう思いもある。いつまで韓国は日本に頼っているんだよ。早く独り立ちしてほしいものだ。

 * * *
 解決の糸口がまったく見えないまま悪化の一途をたどる日韓関係に、フラストレーションが溜まっている様子の高須院長。果たして、韓国をちゃんとした大人の国家に教育することはできるのだろうか?

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。脂肪吸引やプチ整形など、日本に「美容整形」を広めた第一人者。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子氏との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)、『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)、『炎上上等』(扶桑社新書)、『かっちゃんねる Yes! 高須 降臨!』(悟空出版)など。最新刊は『大炎上』(扶桑社新書)。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イチロー会見で雑なマスコミ露呈

    山本直人

  2. 2

    消費税増税分の84%は使途不明か

    田中龍作

  3. 3

    利益は上げず会社を憎む日本人

    橘玲

  4. 4

    文大統領が外交儀礼で大ミス連発

    和田政宗

  5. 5

    やる気ないオジサン会社員の胸中

    城繁幸

  6. 6

    日本を盗っ人と呼ぶ韓国は卑劣

    PRESIDENT Online

  7. 7

    Googleマップ ゼンリンと決裂か

    NewsInsight

  8. 8

    違法DL規制 誤解広がり見送りに

    甘利明

  9. 9

    民放連がAM放送の廃止を要請へ

    MAG2 NEWS

  10. 10

    大阪府市が良関係なら都構想不要

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。