記事

外国人労働者拡大 閉会中審査でも課題山積

外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法いついて、23日、衆院法務委員会は、閉会中審査を開きました。

成立前に、政府は新制度について「検討中」を連発し、異例の議長裁定を経て、開催が決まったものです。

それでも、政府の説明は、あいまいな内容で、4月施行に大きな不安を残した、と報じられています。

法案の審議では、はっきりしないことが多く、政府に白紙委任を迫るようなものだった、といわれています。

対象業種や見込み数、生活支援などの詳細な制度設計が先送りされていました。

スタートする4月までは2ヶ月余りになった今でも、課題は山積したままです。

法務委員会の質疑では、ひとつは、「多文化共生総合相談ワンストップセンター(仮称)」、外国人への情報提供や相談を行う一元的な窓口について、行われました。

都道府県や政令指定都市など100ヶ所で設置が予定されています。

運営する自治体には交付金を支給し、通年にわたる多言語対応などを要件にあげていますが、基準は今後決める、とのこと。

今後といっても2ヶ月余りしかなく、設置が遅れることが考えられます。

2月から47都道府県で説明会を実施するということですが、短期間で多言語の話せる人の確保など準備が整うとは思えません。

また、外国人が都市部に集中する懸念も指摘されました。

政府は、防止策として、分野別と都道府県別の受け入れ状況を公表し、少ない地域があれば原因を調べ、要因に応じて調整を図る、としています。。

場合によっては、大都市圏での受け入れ自粛を要請するのか、事業者側は応じるのかなど、こちらも詰まっているとはいえません。

日本語を磨く機会や教える人材の確保の方策もはっきりせず、自治体は、対応を丸投げされるのでは、と強く懸 念している、ということも理解できます。

新たな在留資格は技能実習生からの移行も想定されていますが、実習制度の多くの問題点は、そのままです。

このように 煮詰まっていない、生煮えの法案を数の論理で、無理やり通したことに、問題があるのだと思います。

企業も、詳細がわからない、情報がない、と困惑して

もらわないと困ります。10年以上も家族を呼び寄せられないという人権問題など

基本的な問題に、今からでも正面から向き合ってもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「外国人労働者」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  7. 7

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  10. 10

    優秀な女性流出に危機感ない日本

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。