記事

『ボヘミアン・ラプソディ』の監督、新たな性的虐待とレイプ容疑で告訴

複数の未成年少年への性的虐待とレイプ疑惑で告訴された映画監督のブライン・シンガー (Photo by Yuriko Nakao/Getty Images)

『ボヘミアン・ラプソディ』の監督ブライアン・シンガーに関する新たなスキャンダル記事が発表された。ジ・アトランティック誌の1年間に渡る調査によってシンガー監督への新たな告訴が発覚し、その中には1998年の作品『ゴールデンボーイ』の撮影セットで行われた13歳の少年へのセクハラ行為疑惑も含まれるなど、複数の未成年少年への性的虐待とレイプ疑惑を掘り下げている。

クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』がアカデミー賞作品賞にノミネートされた翌日、同作の監督ブライアン・シンガーが未成年少年へ行った性的虐待とレイプ疑惑を報じたスキャンダル記事が発表された。

ジ・アトランティック誌が12ヶ月間かけて行った調査結果が1月23日に記事として報じられ、すでにシンガーを告発している虐待被害者に新たな被害者が複数加わった。その中にはシンガー監督作品『ゴールデンボーイ』撮影中の1998年まで遡る虐待もある。

同作品にエキストラとして出演した当時13歳のビクター・バルドビノスは、『ゴールデンボーイ』の撮影セットでシンガーが自分に性的ないたずらをしたと主張した。これはかつて10代の少年たちとのシャワーシーンとセットでの俳優たちの待遇に端を発する訴訟に直面した作品でもある。

「毎回(シンガーは)チャンスがあると、全部で3回だったが、彼はあそこに戻って……いつも僕の胸に触っていたんだ」とバルドビノスがジ・アトランティック誌に語った。シンガーは最終的にタオル掛けに手をかけて「僕の性器を掴んでマスタベーションを始めた」という。「僕は凍りついて、何も言えなくなった。その日、彼はロッカールームにいる僕のところに戻ってきては、そんな虐待を繰り返した」とバルドビノス。

さらに、この記事には、ロサンゼルスで何度も行われたシンガー主催のパーティーに出席した匿名の関係者の話として、未成年の少年たちがシンガーの自宅に入り浸っていたとある。「(シンガーは)同意も求めずにいきなりズボンの中に手を入れてくる」と、ベンという名の男がジ・アトランティック誌に言った。「そんなふうに襲うんだよ。そのためにせっせと酒やドラッグを提供して、最後にセックスするのさ」。

この記事で新たに発覚した虐待に加え、ジ・アトランティック誌は2017年12月にシンガーを告訴したシーザー・サンチェス=ガズマンに取材した。この取材が行われたのは2週間の撮影期間を残して『ボヘミアン・ラプソディ』製作からシンガーが解雇された翌日だった。また、2017年12月にオンライン雑誌デッドラインにシンガーとの愛人関係を暴露したブレット・タイラー・スコペックへの取材も敢行している。

サンチェス=ガズマンは、2003年にシアトル在住のハイテク億万長者のヨットで海に出たときに、当時17歳だった自分をシンガーがレイプしたと訴状で主張している。「(シンガーは)シーザーに近寄ってきて、自分の身体をシーザーに押し付けた。ブライアン・シンガーはその後シーザーを床に押し倒し、自分の股間に彼の顔を無理やり持っていき、シーザーにオーラルセックスを強要した。ブライアン・シンガーは自分でペニスをパンツから出し、シーザーの顔をそのペニスで軽く叩いたあと、シーザーの口に押し込んだ」と書かれている。

シンガーの弁護人たちには、サンチェス=ガズマンをIRS(国税庁)と移民局に通報すると言って脅した嫌疑がかけられている。サンチェス=ガズマンの両親はメキシコ出身者で、彼自身はレイプが行われた後から破産状態にあったのだ。

さらにジ・アトランティック誌は、これらの訴訟と他にも暴露される可能性から不安に苛まれたシンガーの状態を細かく報じ、この一連のスキャンダルが彼を「壊れた状態」に陥らせ、それが引いては『ボヘミアン・ラプソディ』からの解雇へとつながったとしている。同誌はまた、20世紀フォックスはシンガーに複数のセクハラ疑惑があることを承知で雇用した唯一の理由が、クイーンのメンバーが彼を支持していたことだったと記している。

「由緒あるジ・アトランティック誌がこのような低俗な記事を掲載して、ジャーナリズムの品位を落としたことが悲しい」と、弁護士を通してシンガーがローリングストーン誌に語った。「繰り返しになるが、今回の報道は、金のためや注目を集めたいためだけに、人気のない出演者たちが起こした以前の偽の訴訟を焼き直したものだ。ボヘミアン・ラプソディが映画賞を受賞するほどのヒットとなっているこのタイミングで、このような中傷記事を出して注目を浴びようとすることに何の驚きもない」と。

1月初めに『ボヘミアン・ラプソディ』はゴールデングローブ賞のドラマ作品賞を受賞した。「映画業界はゴミをカーペットの下に隠して、何事もなかったかのようにしている」と、同作品のゴールデングローブ賞受賞について聞かれたサンチェス=ガズマンがジ・アトランティック誌に言った。「ほとんどの人には真実が見えないんだ」と。シンガーは今年、大ヒット作『レッドソニア』のリメイクでメガホンを取る予定だ。

あわせて読みたい

「性的虐待」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  2. 2

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  3. 3

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  4. 4

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  5. 5

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  6. 6

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  7. 7

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  8. 8

    歴史問題持ち出し言いたい放題の中国 反論できない日本政府

    NEWSポストセブン

    04月12日 09:36

  9. 9

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  10. 10

    物流倉庫の過酷な労働環境 Amazonの利用者が気にしない従業員の待遇

    非国民通信

    04月12日 18:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。