記事

自己責任論が蔓延する「予期せぬ妊娠」 誰もが子どもを産み・育てやすい環境にしていくには

2/2

二度、三度と傷つく中絶の現場

小関:私たちと相談したうえで、中絶という選択をする方もいます。でもそうした方には中絶を繰り返しているという方も多く、医療者を含めた周囲からの冷たい言葉や態度でさらに心に傷を負ってしまうという現状があります。

例えば、誰にも相談できず悩んでいたからこそ妊娠週数が進んでしまったのにも関わらず、「『何でここまで放置していたんだ』と産婦人科の先生に叱責された」という相談も度々あります。中絶したことが心の中で負の経験になり「不眠症になり、何もやる気がおきない」と、身体や心の不調を訴える方もいらっしゃいました。

にんしんSOS東京の吉田さん

吉田:中絶後の心的ケアを専門的に行う団体や相談窓口は日本にはあまりないのが現状です。私は以前、看護師として医療機関の中絶手術に携わっていたのですが、その時も、処置をしたら手術を受けた方への術後の心のケアなどは行っていませんでした。

医療者は、誰かの命を救ったり身体を治したりと、その人が健康であるために仕事をしています。そのため、中絶という形で命を絶たせてしまうということに関して私たちの心の内にも処置することにつらさを抱えています。

でも、誰よりも傷ついているのはご本人です。中絶は非常に繊細なことではありますが、「本人の自己責任」で終わらせず、誰にも相談できずに苦しんでいる方への包括的なケアができる社会を作っていく必要が今後はあると思います。

性教育は道徳教育

新田:日本財団では、何らかの事情で生みの親と暮らすことができない子どもたちが、特別養子縁組や里親制度のさらなる普及により、あたたかい家庭で健やかに育つことができる社会を目指す「ハッピーゆりかごプロジェクト」に2013年頃から取り組んでおり、事業の一環として、妊娠に悩む方たちをサポートするにんしんSOS東京さんを支援しています。

思いがけない妊娠というのは0歳0ヶ月の子どもの虐待死を招いたり、施設・里親など社会的養護に入ったりする要因のひとつとなっています。妊娠期から専門家が寄り添い、適切なアドバイスを行うことで、生まれてくる子どもの身の安全を守ることができ、また、施設ではなく特別養子縁組など、よりよい養育環境を整えることができると思います。

日本財団の新田さん

吉田:妊娠期から、「産む・産まない」の選択肢のほかに「託す」という選択肢の存在を知っているのはとても大切です。以前、10代未婚女性で、特別養子縁組の制度を利用した相談者の方がいました。その方は、「子どもを身ごもってすごくうれしいけれども、相手もおらずひとりで生活をするのに精一杯。そんな中で、悩んでいるうちに中期中絶できる週数を超過してしまい胎動も感じるようになり、どうしたらいいのかわからない」という相談内容でした。

特別養子縁組の仕組みをお伝えすると「そういう制度があったんですね。自分は育てられないけれど誰かに託していけるならば」と決断なさっていました。母体保護法により妊娠22週を過ぎると中絶することができません。22週を経過した方や週数間際の方には育児が困難である可能性があるかどうか、ほかに方法はないか、充分に相談員の中でアセスメントした上で情報を伝えるようにしています。

また、養子縁組を決断したとしても、どんどんお腹が大きくなっていくのを周りの人が見ていてわかるのに、出産後に「あの赤ちゃんはどうなったの?」と聞かれることの苦しさもあるため、決断後もサポートが必要です。

そのため、私たちも相談者さんへ制度を伝えるときは団体の中で会議を開き、福祉や医療など様々な側面から検討した後、その方の背景に合わせて慎重に情報を提供するようにしています。特別養子縁組の仕組みを、妊娠をする前から知っていることはとても大切ですし、社会の中でもその制度に対する理解が広まっていくことが最も必要だと思います。

新田:個人的な思いですが、性教育とあわせて、養子縁組制度について学校教育に取り入れていく必要を感じています。今の日本では、養子縁組を決断した実親はすごく責められる傾向にありますが、私はむしろ、悩んだ末に「子どもを託す」という決断を下す人は、本来は称えられる存在だと思っています。また、子ども自身も、「自分は望まれていなかった」ではなくて、お母さんは自分で育てられないけれども僕・私の命を守ってくれた」とポジティブに捉えてほしいと思っています。

個人的な経験になりますが、高校生のとき1年間、アメリカに留学をしたことがありました。留学中、学校の授業で「チャイルド・ディベロップメント」というクラスを受講したところ、性教育的なリプロダクティブヘルスに加え、養子や里親制度についての説明を受けました。

アメリカでは養子制度が日本に比べて一般的となっています。そのためクラスにも実際に養子当事者の子がおり、自分自身のことについてのプレゼンをしていましたし、教科書にも真実告知(育ての親が子どもに血のつながりがないことを伝えること)の方法についてなど、具体的な内容が書かれていました。

性はパートナーシップや家族のあり方など、色々なことに関わっているので、包括的な教育が必要で、道徳的なものだと思います。多様な家族のかたちが、自然に受け入れられるような社会になるよう、これからも取り組んでいきたいです。

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  3. 3

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  4. 4

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  5. 5

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

  7. 7

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  8. 8

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  9. 9

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  10. 10

    即位の礼で改めて考える天皇制

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。