記事

ソニー・アイボの新サービスの可能性

1月23日、ソニーは都内で「aibo(アイボ)」新サービス発表会を行いました。

※新カラーの「チョコ エディション」(写真左)が加わったアイボ

ソニー執行役員で、AIロボティクスサービス担当の川西泉さんは、会見の冒頭、次のように語りました。
「発売から1年が経ち、アイボを家族の一員として受け入れて、『家の中が明るくなった』、『日々の楽しみが増えた』という声を数多くいただいております」

昨年1月11日の発売以来、アイボは約2万台が売れたといいます。今までに、家族の顔を識別して覚えたり、屋内の地図を作って間取りを覚えたり、家族とのふれあいによってなついたりなつかなかったり、さまざまな成長をしてきました。

今回発表されたのは、アイボが家の地図を作る機能を使った、「aiboのおまわりさん」サービスの提供です。サービスは2月中旬に無料で開始し、アイボが室内を見回り、飼い主が事前に登録した「見つけてほしい人」を探すこともできます。

6月からは、追加で月額1480円(aiboプレミアムプラン)を払うことで、「見つけてほしい人」が見つかった場合にプッシュ通知でお知らせするなど、機能が拡張します。プレミアムプランのなかには、家族の写真を撮る「aiboのカメラマン」や、ふれあい記録を日記につける「aiboの日記」などのサービスも含まれます。

少子高齢化による核家族化や共働き家族の増加などによって、子供や高齢者をめぐる社会課題は増えていくと考えられます。アイボの新サービスは、そうした社会課題解決の一助となるでしょうか。

あわせて読みたい

「aibo」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  4. 4

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  5. 5

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  6. 6

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  7. 7

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  8. 8

    桜を見る会は総選挙に影響するか

    やまもといちろう

  9. 9

    桜を見る会 退陣論出ない不思議

    田中龍作

  10. 10

    マラソン開催 都の声に札幌怒り

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。