記事

高校教師の暴行事件を巡る世間の論調について。「社会のルール」をねじ曲げていい理由はない

町田の高校教師の暴行事件について、だいぶ話題になって、論点が見えづらくなってしまっているようなので、ちょっとだけ。

あの動画を見る限りでは生徒の言動が行きすぎであることは間違いない。それにはそれでなんらかの対処があってしかるべき。またわざとネット上で教師を貶めようとしていたのなら、その発想は卑劣。なんらかの処分があってしかるべき。

ただ一方で、どんな暴言を吐かれようが、手を出したら負け。それが社会のルール。街中で因縁つけられても絶対に自分から手を出しちゃいけない。先生と生徒の関係だからって「程度によっては殴られて当然」はない。

挑発されても同じ土俵には乗っからないのが大人の大原則。勝ち負けの構造にしてはいけない。どうにもならないなら、その場を離れるほうがまし。殴ったら、自分も生徒も守れない。

「そんなんじゃ生徒が図に乗る」という反論もあるだろう。でもこういう状況になっている時点ですでに図に乗っていることは明らか。時間をかけてそうなったのだろうから、時間をかけてほかの教員とも力を合わせて改善していくしかない。

ほとんどの教員は普段から生徒を観察しながらうまく対処してああいう状況を未然に防いでいるのであって、いざ事が起こってからインスタントな解決を求めようとすると、選択肢が非常に限られてしまい、極端な対応をするしかなくなる。

インスタントな解決策として「先生は場合によっては生徒を殴ってもいい」という考えが根強いのなら、それは日本においていまだに子供の人権が軽視されていることの証しでしかない。セクハラやパワハラが見過ごされてきたのと似た構造。そこには社会としてはっきりとNOを言うべき。

一方で今回の教師に同情が集まるのも社会として良いこと。ついやってしまったことへの社会的責任は免れないと思うが、関係者間での十分な話し合いのもと、「情状酌量」も十分に検討されるべき。

ちなみに動画をよく見ると、最初からすぐ近くに別の教職員らしき男性が映っている。途中からいなくなって、そのあと暴行が始まる。彼はこの状況をどう見ていたのか。

また、加藤浩次が「大人をなめるな」と言ったということも切り取られて拡散しているが、彼は「教師をオレがはめてやったよと言ってるんだったら、大人をなめんなって話ですよ」とコメントしたのであって、先生に悪態つくこと自体を「なめるな」と言っているわけではないことにも注意が必要。悪態をついている生徒自身にネットで教師をさらす意図があったかどうかもはっきりしない。

そして「大人をなめるな」に関しては、実際すでに生徒たちは想像を遙かに超えるしっぺ返しを「世間」から受けている。それに比べれば学校の処分なんて軽いものだと思っているはずだ。「ネットをなめていた」「世の中をなめていた」と痛感しているに違いない。大いに反省して出直してほしい。

以上、離れたところから客観的に見ているから言えることであって、私だってとっさにその場に出くわしたらおそらくパニックになる。でもパニックになったときこそ、「大原則」を思い出さなければならない。

あわせて読みたい

「高校生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  3. 3

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  6. 6

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    豊洲市場 なぜクラスター認めぬ?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。