記事

厚労省 統計不正調査問題

厚生労働省の「毎月勤労統計」で、500人以上規模の全事業所を調査すべきところ、2004年以降東京都の対象事業所の3分の1程度の抽出調査しかしていなかった不正調査問題で、特別監察委員会は検証結果の報告書をまとめました。

勤労統計は政策立案の土台となる極めて重要なものであるとともに、国民の育児・介護休業手当、雇用保険や労災保険支給額などの算出の元データとなります。

今回不正調査が明るみに出たのは、安倍内閣が全ての政府統計の正確性の検証と、より高精度な政府統計を提唱し、麻生財務大臣が諮問会議でも政府統計の見直しを提言したことがきっかけです。

国家の根幹に関わる基幹統計で14年もの間不正が行われていたことは、極めてゆゆしき事態であり早急に原因究明しなければなりません。

あわせて読みたい

「厚労省の勤労統計不正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。