記事

風邪を治すためにビタミンCを食べるバカ

1/2
できることなら風邪にもインフルエンザにもかかりたくない。かかったら一日でも早く治したい。そんなわがままに最新の医学はどうこたえてくれるのか。大阪大学大学院で病理学を教える仲野徹教授は「風邪を早く治そうと『ビタミンC』などのサプリメントを摂取しても、大きな効果は期待できません」という――。

※本稿は、仲野徹『(あまり)病気をしない暮らし』(晶文社)の一部を再編集したものです。

■インフルエンザは別物と理解しよう

まず、風邪とは何なんだろうかと、またまた広辞苑をひいてみました。そこには「かぜ(風)5」とあります。さよか、と思ってそこを見ると「ア)風の病 イ)(風邪と書く)感冒」とあります。それやったら、風邪のところに「感冒」と書けよ、気のきかん。で、いよいよそこには「身体を寒気にさらしたり濡れたまま放置したりしたときに起こる呼吸器系の炎症性疾患の総称。アデノウイルス・コロナウイルス・ライノウイルスなどが鼻腔・咽頭・喉頭などに感染することによる。感冒」とあって、なるほどの定義です。

一方、インフルエンザをひくと、「インフルエンザ―ウイルスによって起こる人獣共通感染症。人で多くは高熱を発し、頭痛・四肢疼痛・全身倦怠・食欲不振などを呈する。流行性感冒。流感」とあります。風邪ひき、と言ったときに、人によってはインフルエンザも含めてしまうことがあります。が、広辞苑さまもおっしゃっておられるように、インフルエンザ=流行性感冒は一般的な風邪=感冒とは別物なのです。ということで、以下、単に風邪と書いたら、インフルエンザは含まない、というようにご理解いただきとう存じます。

■歳をとればとるほどかかりにくくなる

勝手に「風邪のバイブル」と認定している『かぜの科学:もっとも身近な病の生態』(ジェニファー・アッカーマン、ハヤカワ文庫NF)という本があります。その本によると、米国では、年間延べ10億回風邪にかかり、外来患者数だけで1億人にも達するとのことです。結果として、患者達は何十億ドルも治療に費やしており、欠勤による経済損失は600億ドルにもなるそうです。一人あたり年間3回程度、経済損失は2万円くらい、ということになりますから、おおよそ日本の実感と同じような感じでしょうか。

※写真はイメージです。(写真=iStock.com/supitchamcsdam)

これだけのダメージがあるにもかかわらず、残念ながら、風邪についての研究はあまり進んでいません。大きな理由は、放っておいても数日たてば治るということ、そして、原因ウイルスがたくさんあるので研究が難しいということ、です。

インフルエンザを引き起こすのはインフルエンザウイルスです。しかし風邪ひきに対応する「風邪ウイルス」などというものは存在しません。広辞苑にあるように、何種類ものウイルス、おそらくは200種類以上ものウイルスが風邪を引き起こすと考えられています。

200種類もあるウイルスのうちどれかに感染して風邪をひくと、そのウイルスに対して免疫ができます。しかし、原因ウイルスは総数200種類もあるので、ひいてもひいても、別の種類のウイルスによる風邪をひくのです。

少し意外かもしれませんが、統計的には、歳をとればとるほど、風邪に罹りにくくなることがわかっています。これは、いろいろな種類のウイルスの風邪に罹って、それらのウイルスに免疫ができていくためと考えられています。歳とっても、悪いことばかりじゃなくて、ええこともあるんですな。

■自分の地位が高いと思っている人はひきにくい

まわりを見回すと、風邪にかかりやすい人とそうでない人がいるような気がしませんか。さて、それは遺伝によるものでしょうか、それとも環境によるのでしょうか。これに対する明瞭な答えは出ていないのですが、おそらく両方です。まぁ、言うたらなんですが、知能だろうが身長だろうが何だろうが、ほとんどは、「氏=遺伝」と「育ち=環境」の両方が関係している、と言ってほぼ間違いはありません。このことは覚えておいて、ときどきえらそうに誰かに教えてあげたら、賢そうに見えますからお勧めです。

睡眠不足や慢性的なストレスがあると風邪をひきやすい、ということが知られています。あたりまえやろ、と思われるかもしれませんが、意外にも疲労は関係ないらしい。風邪でも、他の多くのことと同じように、タバコは悪玉で、適度な運動は善玉です。サプリメントで風邪を予防することはできない、という研究成果もしっかり頭にいれておきましょう。ムダな投資と抵抗はやめたほうがお得です。


仲野徹『(あまり)病気をしない暮らし』(晶文社)

おもしろいのは、地位が高いと思っている人はひきにくいという研究成果があることです。実際に社会的地位が高いかどうか、ではありません。もうひとつ、これも理由はわかりませんが、社会的ネットワークが広い人、対人関係の豊かな人も風邪をひきにくいのです。付き合いが多ければひきやすそうな気がしますけど、逆らしい。不思議なことです。

あわせて読みたい

「インフルエンザ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  6. 6

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  7. 7

    "ラ王世代"にはない価値観「これ絶対うまいやつ!」というラーメンが若者に大人気なワケ

    PRESIDENT Online

    08月05日 14:29

  8. 8

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  9. 9

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  10. 10

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。