記事

作家百田尚樹の原点は「ナチ収容所の本」

2/2

■強烈な印象が残った『夜と霧』

――関連書籍を含めて500万部超の大ベストセラーとなったデビュー作の『永遠の0』、130万部を突破した『モンスター』など、百田さんの作品は経済小説、ミステリーなど多岐にわたる。どれも緻密な調査に基づき、読み手はそのリアリティー溢れる世界に引き込まれていく。だが意外なことに「20代初めまでほとんど本を読まなかった」という。

作家 百田尚樹氏

実は、10代から20代初めまでほとんど本を読みませんでした。しかし、放送作家になってから周囲を見ると、一緒に仕事をしている人たちは、みんな本をよく読んでいたんです。それに刺激されて、20代初めから30代初めまで、年300冊くらいのペースでいろいろなジャンルの本を読破しました。

ただし、10代に読んだ数少ない本のなかで強烈な印象が残った本が、16歳のときに読んだヴィクトール・E・フランクルの『夜と霧』。オーストリアのユダヤ人精神科医が、ナチスの強制収容所での過酷な体験を回想したものです。「人間はどんな絶望的な状況でも、希望を失わず、生き続けられる存在なのだ」ということを知りました。

――その『夜と霧』を読んだことで生じた1つの思いが、これまでの百田さんの数々の作品に貫かれている。そしてその思いこそが、百田さんが読者に一番訴えたいことなのだという。

「生きることの肯定」――。これが小説も含めた芸術の存在意義だと、僕は考えています。つまり、勇気を持って人生に立ち向かうことを鼓舞するのが、芸術の真の目的なのです。ところが、日本では人生を否定するような内容の小説を書き、しかも自ら命を絶ってしまう有名作家が多い。

僕が『永遠の0』を書いたのは、親の世代から聞いた戦争体験を書き残しておくことが、自分たちの世代の役割だと考えたから。そして何よりも、戦闘機パイロットでありながら、命の大切さを訴える主人公の宮部久蔵の生きざまを通して、生きることの肯定を伝えたかったのです。

どんな人間でも、人生は山あり谷ありです。楽しいことばかりではなく、もがき苦しむこともある。でも、だからこそ人生には価値があるし、生きることは面白い。ビジネスパーソンの皆さんも、たとえ仕事がうまくいかないときがあっても、それをバネにして、人生を謳歌してほしいのです。

――百田さんは「日本史」に関する書籍を2018年秋に出す(※編註:取材後、18年11月に『日本国紀』が発売された)。数々のベストセラーを世に送り出してきた百田さんですら「本が売れない時代だ」と嘆く。

いまの世の中には、TVにDVD、さらにはスマートフォンなどがどんどん出てきて、現代人の限られた余暇時間を奪い合っています。そうしたなかで、読書の時間が減ってしまうのは、ある意味で致し方ない。

しかし、本にはそれらと大きく異なる点があります。本を読むのには自らが能動的に文字と格闘し、頭をフル回転させる必要がある点です。論理的な思考力を鍛え、脳を活性化するのに、とても役立ちます。もしこのまま日本人が本を読まなくなれば、日本人の思考力は衰退して、ひいては国が滅んでしまう。そうならないためにも、皆さんには一冊でも多くの本を手に取ってもらいたいですね。

▼百田尚樹さんの主な作品

『永遠の0』2006年8月 太田出版/講談社文庫
『ボックス!』2008年6月 太田出版/講談社文庫
『風の中のマリア』2009年3月 講談社/講談社文庫
『モンスター』2010年3月 幻冬舎/幻冬舎文庫
『影法師』2010年5月 講談社/講談社文庫
『幸福な生活』2011年5月 祥伝社/祥伝社文庫
『プリズム』2011年10月 幻冬舎/幻冬舎文庫
『海賊とよばれた男』2012年7月 講談社/講談社文庫
『夢を売る男』2013年2月 太田出版/幻冬舎文庫
『フォルトゥナの瞳』2014年9月 新潮社/新潮文庫
『大放言』2015年8月 新潮新書
『カエルの楽園』2016年2月 新潮社/新潮文庫
『雑談力』2016年10月 PHP新書
『幻庵』2016年12月 文藝春秋
『戦争と平和』2017年8月 新潮新書
『逃げる力』2018年3月 PHP新書

----------

百田尚樹(ひゃくた・なおき)

1956年、大阪府生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気番組「探偵! ナイトスクープ」などを構成する。2006年『永遠の0』で作家デビュー。13年『海賊とよばれた男』で第10回本屋大賞を受賞。

----------

(作家 百田 尚樹 構成=野澤正毅 撮影=熊谷武二)

あわせて読みたい

「百田尚樹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  2. 2

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  3. 3

    ユニクロの柳井氏への批判が胡散臭い 人権問題だからではなく嫌中だから 技能実習生問題にみる国内の人権問題

    猪野 亨

    04月11日 08:53

  4. 4

    まん延防止措置が誤った形で使われている

    大串博志

    04月11日 08:22

  5. 5

    連綿と続く「ワクチン忌避」の歴史と課題。なぜ日本はワクチン競争で敗北したのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月11日 08:26

  6. 6

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

  7. 7

    中途半端な自粛要請で「コロナ特需」の飲食店

    内藤忍

    04月11日 11:59

  8. 8

    原発処理水の海洋放出を決めた菅内閣は、言い出しっぺの細野豪志氏をもっと大事にした方がいいだろう

    早川忠孝

    04月11日 17:10

  9. 9

    観光先の海で強い揺れ… 津波から大切な命を守れますか? 鎌倉で考えた防災

    清水駿貴

    04月11日 08:04

  10. 10

    使い方覚えられない? シニア世代のスマホ利用率や利用実態から習熟について考察

    S-MAX

    04月11日 16:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。