記事

「PayPay」「LINE Pay」などの大型キャンペーンで、人は何に反応し、利用率はどうなったのか?

1/2

 今年の冬は、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」をはじめ、各社が大型キャンペーンを展開。MMD研究所は人々がどんなチャネルで情報に触れ、反応し、実際に利用したかについて調査結果を発表した。

 MMD研究所は、20歳~69歳の男女2001人を対象に、「2019年1月 QRコード決済サービスのキャンペーンに関する調査」を実施した。調査期間は2018年12月26日~2019年1月2日。

 スマートフォンを利用したQRコード決済サービスが2018年の秋~冬にかけて行ったキャンペーンのうち、知っているキャンペーンを1つたずねたところ、「PayPay」の「100億円あげちゃうキャンペーン」が62.6%で1位となった。2位は「LINE Pay」の「LINE Payでわりかん」の45.3%。3位は「楽天ペイ」の「スタートボーナスチャンス 楽天ペイアプリを初めて使って1,000ポイント」の27.6%だった。


 1位の「PayPay」のキャンペーン認知について性年代別に見てみると、男性では「20代」が76.1%でトップ。女性では「40代」が65.6%でトップとなっている。


 2位の「LINE Pay」のキャンペーン認知を性年代別で見ると、男性では「20代」が61.1%でトップ。一方、女性では「20代」が56.5%でトップとなった。


 QRコード決済サービスのキャンペーンを知ったきっかけをたずねると、「PayPay」と「LINE Pay」はともに、「テレビCMやニュース番組」が過半数を超えている。その他の「楽天ペイ」「d払い」「Origami Pay」のキャンペーンは、「WEBメディアのニュース記事やニュース配信アプリ」「WEB広告」もそれぞれ20%台と割れており、「PayPay」「LINE Pay」陣営とは広告戦略が異なることがうかがえる結果となった。


 また、「PayPay」のキャンペーン、「LINE Pay」のキャンペーンを知ったきっかけを性年代別に詳しく見ていくと以下のようになった。

 「PayPay」では、男性・女性で「テレビCMやニュース番組」の次に「WEBメディアのニュース記事やニュース配信アプリ」が多く挙がっている。また「女性20代」では16.3%が「SNSのクチコミ」を挙げており、「女性30代」「女性50代」では「家族や友人などのクチコミ」がそれぞれ8.5%、5.6%と、クチコミの影響力が垣間見える結果となった。


 一方、「LINE Pay」では、「テレビCMやニュース番組」の次に「WEBメディアのニュース記事やニュース配信アプリ」を挙げた人が男性に多く、女性は「WEB広告」と答えた人の割合が多い。また、「LINE Pay」においても、「女性20代」では「SNSのクチコミ」が14.7%と高くなっている。


あわせて読みたい

「PayPay」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  5. 5

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  8. 8

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  10. 10

    USJ・ディズニーが臨時休園発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。