記事

ダボス会議が開幕、銀行首脳らに慎重な声根強く


[ダボス(スイス) 22日 ロイター] - 世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)が22日、スイス東部のダボスで開幕した。会議に参加した金融業界の首脳らからは慎重な声が多く聞かれた。

英銀スタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN.L>のアンディー・ハルフォード最高財務責任者(CFO)は会場の雰囲気について、1年ほど前は異常なほど前向きだったのに、今やこれほど冷え込んでしまうとは驚きだと語った。

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者兼会長、レイ・ダリオ氏は世界経済を巡り悲観的な見通しを示すとともに、現在の経済環境は1930年代後半の世界大恐慌の終盤と酷似していると指摘した。

その上で「長期的な観点で最も恐ろしいのは、政治的にも社会的にも対立が拡大する中で、最も有用な手段である金融政策が限界に来ていることだ。新たな景気下降がやって来ないかとても心配している」と述べた。

バークレイズ<BARC.L>のジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)は地政学的な不透明性と金融緩和の巻き戻しが主要な不安材料とした上で「世間全般に広がっていた過度の楽観は深刻な懸念へと様変わりしてしまった」と指摘した。

こうした中、シティグループ<C.N>のマイケル・コーバット最高経営責任者(CEO)は明るい面もあると強調。「米中が予想外に良好な貿易協定で妥結する可能性はある」とし、米中貿易摩擦を巡る市場の不安は行き過ぎかもしれないとの見方を示した。

昨年末の相場急落は米国内外の実証的根拠と結び付いていないとした上で「年明けは様々なセクターでかなりの反転がうかがえる。企業の決算シーズンを迎える中で、これまで決算を発表した企業の75%超は業績がアナリスト予想平均を上回っている」と述べた。

前出のハルフォードCFOは、企業の収益性が世界的に歴史的基準と比較して非常に良好であり、世界の消費パターンも依然持ちこたえていると指摘した。

あわせて読みたい

「ダボス会議」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。