記事

ドル/円下落、世界成長や貿易巡る懸念が圧迫=NY市場

[ニューヨーク 22日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルが対円で下落。世界成長減速見通しや米中貿易問題を巡る懸念からリスクオフ取引となり、安全資産とされる円の買いが膨らんだ。

国際通貨基金(IMF)が前日、2019年と20年の世界経済成長率見通しを下方修正したことはドル売りを誘った。IMFは貿易摩擦が解決されなければ、鈍化しつつある世界経済を一段と揺るがしかねないとの認識を示した。[nL3N1ZL3VH]

さらに、トランプ米政権が中国が提案した通商予備協議の週内開催を拒否したとのフィナンシャル・タイムズ(FT)の報道を受け、ドル売りに拍車がかかった。

朝方発表された昨年12月の米中古住宅販売戸数が約3年ぶりの水準に落ち込み、住宅価格の伸びが大幅に減速したこともドルへの圧迫材料となった。[nL3N1ZM496]

終盤の取引で、ドル/円<JPY=>は0.41%安。

クレディ・アグリコルの為替ストラテジスト、エリック・ビオリア氏は「IMFの見通しは世界成長懸念を煽り、米中通商協議を巡る報道を受け楽観的な見方は後退した。米政府機関一部閉鎖の継続もセンチメント押し上げの助けにはなっていない」と指摘。「これら3つの要因がリスクオフ取引につながっている」と述べた。

リスク回避の動きを反映し、豪ドル<AUD=>は米ドルに対し0.45%安の0.7126米ドル。

ユーロ/ドル<EUR=>は3週間ぶり低水準近辺で推移。1月の独ZEW景気期待指数は予想に反して小幅上昇したものの、現況指数は4年ぶりの低水準に悪化し、強弱入り混じる結果となった。[nL3N1ZM3BV]

ポンド/ドル<GBP=>は0.6%高の1.2967ドル。9─11月の英雇用関連指標は堅調となり、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を控えつつも、労働市場は底堅く推移していることを示した。[nL3N1ZM340]

ドル/円 NY終値 109.36/109.39

始値 109.44

高値 109.47

安値 109.15

ユーロ/ドル NY終値 1.1358/1.1360

始値 1.1358

高値 1.1374

安値 1.1336

*表を更新しました。

(表はリフィニティブデータに基づいています)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  10. 10

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。