記事

政治家問題発言ワースト投票財務省セクハラ事件の麻生財務相発言が1位(宮本有紀)


「セクハラ罪はない」発言について撤回も謝罪もしない麻生財務相。(提供/AP・AFLO)

公的発言におけるジェンダー差別を許さない会が1月9日、「ジェンダーに関する問題ある公的発言ワースト投票」(2018年12月29日~19年1月6日実施)の結果を発表した。18年中の政治家の公的発言のうち「ジェンダー差別」「著しいジェンダー格差の容認」だとされる12の問題発言について、インターネットで2026人が投票。1人最大2票投票でき、投票総数は3933票だった。

ワースト1位は、麻生太郎財務相による財務省セクシュアル・ハラスメント事件に関する「福田の人権はなしってわけですか」「触ってないならいいじゃないですか」など一連の発言(1208票、30・7%)。

2位が杉田水脈衆議院議員の、LGBTに「生産性がない」などの文章(1045票、26・6%)、3位が加藤寛治衆議院議員の「(子どもが生まれないと)ひとさまの子どもの税金で老人ホームに行くことになる」などの発言(366票、9・3%)だった。

その他は萩生田光一衆議院議員の「『男女平等参画社会だ』『男も育児だ』とか言っても、子どもにとっては迷惑な話かもしれない」、二階俊博衆議院議員の「この頃はね、『子どもを産まない方が幸せに送れるんじゃないか』と勝手なことを自分で考えてね」などで、自民党議員の“活躍”が目立つ。

ワースト発言投票は昨年も実施され、同会呼びかけ人によれば、1人1票では不満という声があり今回は2票にした。それでも「全部ひどいのですべてに投票したい」「2票では足りない」との声があり、「獲得票が少ないことは、その公的発言に問題がないことを意味しません」と解説されている。

呼びかけ人らはジェンダー差別発言を「『もう終わらせる時期が来た』という認識が、政治家の間にも力強く広まってほしい」とコメント。12の問題発言や解説はhttps://yurusanai-seisabetsuhatsugen.jimdo.com/から見られる。

(宮本有紀・編集部、2019年1月18日号)

あわせて読みたい

「麻生太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  4. 4

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  5. 5

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  6. 6

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    東京の飲食店は来週月曜日からどう変わる?

    内藤忍

    06月19日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。