記事

政治家問題発言ワースト投票財務省セクハラ事件の麻生財務相発言が1位(宮本有紀)


「セクハラ罪はない」発言について撤回も謝罪もしない麻生財務相。(提供/AP・AFLO)

公的発言におけるジェンダー差別を許さない会が1月9日、「ジェンダーに関する問題ある公的発言ワースト投票」(2018年12月29日~19年1月6日実施)の結果を発表した。18年中の政治家の公的発言のうち「ジェンダー差別」「著しいジェンダー格差の容認」だとされる12の問題発言について、インターネットで2026人が投票。1人最大2票投票でき、投票総数は3933票だった。

ワースト1位は、麻生太郎財務相による財務省セクシュアル・ハラスメント事件に関する「福田の人権はなしってわけですか」「触ってないならいいじゃないですか」など一連の発言(1208票、30・7%)。

2位が杉田水脈衆議院議員の、LGBTに「生産性がない」などの文章(1045票、26・6%)、3位が加藤寛治衆議院議員の「(子どもが生まれないと)ひとさまの子どもの税金で老人ホームに行くことになる」などの発言(366票、9・3%)だった。

その他は萩生田光一衆議院議員の「『男女平等参画社会だ』『男も育児だ』とか言っても、子どもにとっては迷惑な話かもしれない」、二階俊博衆議院議員の「この頃はね、『子どもを産まない方が幸せに送れるんじゃないか』と勝手なことを自分で考えてね」などで、自民党議員の“活躍”が目立つ。

ワースト発言投票は昨年も実施され、同会呼びかけ人によれば、1人1票では不満という声があり今回は2票にした。それでも「全部ひどいのですべてに投票したい」「2票では足りない」との声があり、「獲得票が少ないことは、その公的発言に問題がないことを意味しません」と解説されている。

呼びかけ人らはジェンダー差別発言を「『もう終わらせる時期が来た』という認識が、政治家の間にも力強く広まってほしい」とコメント。12の問題発言や解説はhttps://yurusanai-seisabetsuhatsugen.jimdo.com/から見られる。

(宮本有紀・編集部、2019年1月18日号)

あわせて読みたい

「麻生太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  3. 3

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  4. 4

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    プラ削減 なぜレジ袋がやり玉に

    川北英隆

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    若い女性好むおじさんのワガママ

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。