記事

Tカード個人情報流出でCCCが個人情報保護方針を改訂 「法令で認められる場合」は提供すると明記

CCCが個人情報を漏えい

会員の個人情報を、令状がないにも関わらず捜査当局に提供していたとして批判が殺到しているカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は1月21日、個人情報保護方針を改訂したと発表した。これまで個人情報の提供については、

「当社は、個人情報について、あらかじめご本人から同意をいただいた提供先以外の第三者に提供はいたしません」

としていたが、改訂によって、

「当社は、『法令で認められる場合』を除いて、個人情報について、あらかじめご本人から同意をいただいた提供先以外の第三者に必要な範囲を超えて提供はいたしません」

となった。「『法令で認められる場合』を除いて」「必要な範囲を超えて」という文言が追加されたことになる。

「公衆衛生の向上に必要がある場合で、本人の同意を得ることが困難であるとき」など

同社は2012年から、捜査令状がなくても、「捜査関係事項照会書」があれば、Tカード会員の個人情報を捜査当局に提供していた。捜査当局に渡った情報には、氏名、生年月日、ポイント履歴、レンタル商品のタイトル等が含まれていたという。

新しくなった方針では、「法令で認められる場合」には次のような場合が含まれるとしている。

「(1)法令に基づく場合

(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき」

同社が情報漏えいに対して方針の改訂で対応することに対し、ネットでは「『情報を勝手に流出させるな』という批判に対して『流出させると明記しました』なのは酷いな」と批判が相次いでいる。

あわせて読みたい

「Tカード」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  2. 2

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  3. 3

    説得力を失う「公共事業=悪」論

    吉崎達彦(かんべえ)

  4. 4

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

  5. 5

    献血PRポスターに米国人が苦言

    文春オンライン

  6. 6

    防衛省に戦闘機調達の能力はない

    清谷信一

  7. 7

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  8. 8

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  9. 9

    立花氏の市長選出馬表明に疑問

    早川忠孝

  10. 10

    若者に広がる自己中心主義の復活

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。