記事

レーダー波照射音の公開は、韓国に弁明の機会を与えただけだ - 西村金一

 防衛省が公開したのは、火器管制レーダー波照射の音とその音の波形だ。しかし、これで、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦がP1哨戒機にレーダー波を照射したことを、完ぺきに証明できたわけではない。

 防衛省が公開した音とその波形は、P1哨戒機が射撃管制レーダー波を受けたときのものに間違いはない。私も、韓国駆逐艦「クァンゲト・デワン」が、照射した火器管制レーダーによるレーダー波の音だと確信している。

 防衛省の最終見解についての補足説明資料を見ると、ほとんどが正確に作成された信用できる情報であると判断できる。だが、下図のレーダーの種類と特徴(2/2)だけでは、十分に説得できる資料とは言えない。なぜかというと、捜索用レーダーと火器管制用レーダー波を音に変換して比較したデータであり、レーダーから発せられたパルス信号そのものではないからだ。防衛省平成30年12月発表の資料では、比較したデータついて「受信波の特徴」と記述されているが、平成31年1月の資料(1月21日)では、ほぼ同じ波形の図であるにもかかわらず、「レーダー波を音に変換したデータ」と記述してある。これらのデータの波形は、受信波(パルス信号)なのか、パルス信号を受信した音の波形なのかが正確には理解できない。私は若い頃、自衛隊で防空レーダー修理を受けた経験がある。この事件の後、私の経験を踏まえ、2人のレーダー専門家の説明も聞いた。防衛省の説明資料では完全に理解できない(私の知識不足かもしれない)。

図 防衛省補足説明資料(平成31年1月)の一部


図 レーダーの種類と特徴(平成30年12月)を切り取ったもの


 これまで何度も軍事常識では考えられないことを発表してきた韓国国防省に、防衛省が公開した音では、「クァンゲト・デワン」の火器管制レーダーのものとは特定できない」「実態のない機械音だけだ」あるいは「照射を受けた日時を正確には証明できない」と言われてしまえば、それで終わりだ。

 では、絶対的な証拠は何か。それは、過去に受信した「クァンゲト・デワン」のパルス信号の特色だ。例えば、パルス幅、パルス間隔、極めつけは、パルスの形状であり、。百万分の1秒の単位の詳細なデータだ。これが今回受信したものと一致していると言わなければ完全な証拠とはならない。さらに、その日時が、秒単位で正確に証明できるものでなければならない。

 しかし、この証拠を相手に見せると、自衛隊の情報収集能力を公開することになる。したがって、絶対に見せてはならない。

 日本は、韓国が火器管制レーダー波を「照射した、しない」にこだわることなく、今後も予想される韓国軍によるレーダー照射、さらには南北が統一した時の脅威に備えることを考えるべきだ。

図 レーダー波(パルス信号の特色)イメージ


西村 金一(にしむら きんいち)
1952年、佐賀県生まれ。陸上自衛隊少年工科学校生徒入隊、法政大学文学部地理学科卒業、自衛隊幹部候補生学校修了、幹部学校指揮幕僚課程(33期CGS)修了。
防衛省情報分析官、防衛研究所研究員を経て、第12師団第2部長、少年工科学校総務部長、幹部学校戦略教官等として勤務。定年退官後、三菱総合研究所国際政策研究グループ専門研究員、ディフェンス・リサーチ・センター研究委員、現在は軍事・情報戦略研究所所長。
著書『北朝鮮の実態』―金正恩体制下の軍事戦略と国家のゆくえ―(原書房)、共著『自衛隊は尖閣諸島をどう戦うか』(祥伝社)がある他、メディアへの出演多数。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  2. 2

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  3. 3

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  4. 4

    辟易する日韓問題は「踊り場」に

    ヒロ

  5. 5

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  6. 6

    日本に国産戦闘機の開発能力なし

    清谷信一

  7. 7

    韓国側 輸出規制は関税より打撃

    ロイター

  8. 8

    福島産食品めぐる韓国主張に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中国相手に香港問題 河野氏称賛

    やまもといちろう

  10. 10

    韓国政府が日韓GSOMIA破棄を発表

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。