記事

恵方巻きロス"家庭で巻く"が解決策になる

1/2

コンビニやスーパーの季節商品「恵方巻き」。作りすぎによる食品ロスが問題になるなか、昨年「もうやめにしよう」と販売強化に異議を唱えた兵庫県のスーパー「ヤマダストアー」が、今年は「家庭で巻いて楽しもう」というメッセージを出して話題を集めている。“恵方巻き騒動”はこれで収束するのか――。


ヤマダストアー新辻井店(姫路市東辻井)(撮影=小島清利)

折り込みチラシで「もうやめにしよう」と警鐘

節分に恵方を向いて無言で丸かじりすると縁起が良いとされる「恵方巻き」。コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでは、激しい販売競争を繰り広げられている。

その一方、兵庫県内で8店を展開するスーパー「ヤマダストアー」の取り組みが注目を集めている。昨年、需要以上に生産し、食品ロスを生み出す無益な競争に対し、折り込みチラシで「もうやめにしよう」と警鐘を鳴らしたからだ。

農水省は1月11日、コンビニやスーパーの各種団体に対して、需要に見合った恵方巻きの販売を要望。その際、チラシで資源を大切にする気持ちを消費者に呼びかけ、廃棄の削減につなげたヤマダストアーの成功事例を紹介した。

その成功例の詳細はこうだ。ヤマダストアーは2018年2月、のりや海産物など海の資源を大切にする気持ちから、恵方巻きなどを広告した折り込みチラシに「もうやめにしよう」というメッセージを発信。「全店、昨年実績で作ります」「欠品の場合はご容赦ください」などの文章を添えた。


ヤマダストアーの2018年2月の折り込みチラシ。(写真=農水省資料)

昨年の実績より多く作るという商慣習と一線を画した独自の販売戦略で、消費者の反応が心配されたが、8店中5店で恵方巻きは完売し、前年に比べて廃棄量を減少させることに成功したという。

今や、節分の風習として定着した恵方巻きだが、その歴史はそう古いものではない。ルーツは、江戸時代に大阪の船場商人が商売繁盛を願って巻きずしを食べたことにさかのぼるという説もある。

ただ、最近のブームの出発地点は、高度成長期に食卓文化の洋食化が進み、のりの消費量が落ち込んだことを危惧した大阪ののり問屋の組合が、のり巻きを恵方に向いて丸かじりするイベントを仕掛けたことがきっかけだ。

食品ロスの優等生として評価され、取材申し込みが殺到

このイベントが関西ローカルのニュースで報じられた効果もあり、関西では、縁起物として節分に巻きずしを丸かじりする習慣が定着した。さらに、1998年ごろから、セブン‐イレブンなどのコンビニが節分の恵方巻きの販売を全国展開したことで、風習が全国に広まった。

最近では、多くの消費者が2月の節分に「恵方巻き」を買い求めるため、クリスマスケーキとともに、需要を上回る製造が当たり前となって、食品ロスが社会問題化した。

そんな関西発祥の「恵方巻き」の風習が引き起こす食品ロスの問題に対し、地元・兵庫を拠点とするヤマダストアーから「もうやめにしよう」との苦言が発せられたのだ。ヤマダストアーは農水省から、食品ロスの優等生として評価されたことで、メディアからの取材申し込みが殺到。「業務に支障をきたす」として取材を断る代わりに、ホームページにお礼のコメントを掲載した。


ヤマダストアーが掲載した「ヤマダストアーの恵方巻報道について」という文書の一部。同社ウェブサイトより。

それによると、「当社の恵方巻の取り組みについて全国各地の多くの方よりご関心を持っていただき、またお褒めを頂き誠にありがとうございます」としたうえで、今年度の恵方巻きの予約受付についても、「近隣のお客様に販売する店頭販売分で生産量が限界となったため、昨年度より中止させて頂いている」とした。

また、製造量については今年度もおおむね昨年比実績で検討しているといい、店頭販売分がなくなり次第、終了となるという。そして、ヤマダストアーの考えとして、「それぞれの家庭で巻寿司を巻いて家族で楽しむこと」を勧め、「地元の店で具材を買って、家で巻いて家族で楽しむ方が絶対美味しい」と訴えた。

あわせて読みたい

「小売業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。