記事

プラスチック製ストローは本当に悪者なのか

1/2

プラスチックの社会的課題

2018年はとにかく「プラスチックごみ問題」(海洋プラスチック問題、マイクロプラスチック問題)に端を発した「プラスチック・ストロー問題」もしくは「使い捨てプラスチック問題」がCSR関連の話題として一般のメディアでもよく話題に上がっていたように思います。2019年も引き続き話題になっています。

スターバックスやマクドナルドなど外食サービス企業が中心となって、プラスチック・ストローの世界的に取りやめもしくは代替品への移行を進めています。世界的な動きとしては、EUが2021年までに使い捨てプラスチックを禁止にする方向など、ストローだけではなく使い捨てのプラスチック製品全体の事実上の規制がさらに進むようです。

ただ、この問題について本質的ではない意見も多く見受けられるので、その課題について本記事でまとめます。

結論から申し上げますと、プラスチック問題から我々が学ぶべきは、社会と企業は繋がっていることを認識せよ、ということです。エンドユーザーを意識したバリューチェーンのインパクト評価というか。目の前の課題の裏にある大きな社会問題を見逃さないように、と。

あのブームにも似ている

昨今のストローの動きは、ちょうど10年くらい前の2000年代後半にあった「マイ箸ブーム」(割り箸不要論)と似てます。個人が箸を持ち歩いたり、飲食店で箸を木材製からプラスチック製に変更したムーブメントです。結論からいうと、今のままなら同じような着地になるように感じています。つまり数年のブームで終わると。

マイ箸の環境的メリットは「ゴミが減らせる」「資材の節約になる」など。デメリットは「洗う時にそれなりの水を使う」「マイ箸の製造が割り箸より環境負荷高い」など、でしょうか。日本製の割り箸利用は逆に環境に良いという話も多かったですが、海外産がほとんどで製造量が少なく、じゃあ箸はプラスチックでいいじゃん、と。当時も専門家でもいろんな意見があったのを覚えています。

今となっては、一部にマイ箸を持ち歩く人はいるとは思いますが(特に職場で弁当持参の方など)、それを「マイ箸」として意識している人はほとんどいないでしょう。今でいえば「マイストロー」を特集するメディアもありますが、箸以上に補助的な食器でもありますし、メディア報道のブームが落ち着けば、自然とマイストローもマイ箸同様になると思われます。ちなみに、私はそもそもストローをほとんど使いませんので、マイストローは持っていません。

インパクトを俯瞰する重要性

ケースバイケースのこともあるとは思いますが、とかく人は目の前の物事をもっとも高く評価しがちです。企業としてはグリーンウォッシュにならないよう、本質の見極めが必要です。というのは「マイストローは本当に“エコ”なのか」ということです。やり方を間違えると逆効果になることもあるからです。

最も重要な視点の一つとして「その代替品を作るために何が必要になるか」というポイントがあります。たとえば紙製ストローはプラスティック製ストローと比べると、はるかに資源集約的でとも言えます。つまり、生産により多くのエネルギー等のリソースが必要な場合があるのです。最近は価格・品質ともに“使える”紙製ストローがでてきたとはいえ、どこまで再利用すれば環境負荷が相殺されるかというのは、誰にもわからないためそのインパクトの把握は曖昧のままであります。実際は状況次第でしょうが。

「脱・プラスチック(プラスチック・フリー)」、つまりプラスチック製品を使わない試みでありますが、これ自体はとても良い消費者行動だと思うものの、それを代替するものが比較して社会インパクトが低くなければ意味がありません。

難しいのが、例えば「ゴミを減らすこと」と「CO2排出を減らすこと」の優先順位を決めるのが困難であるということです。何を得るためには何かを失わなければならないというトレードオフがここにも存在します。これをエビデンス・ベースで人々が行動できるかというと…、まぁ非常に難しいと言わざるを得ません。

セオリーでいえば、目の前の事象がエコかどうかは、その製品の社会におけるバリューチェーンを観察すればわかります。企業は目の前の課題に飛びつきがちですが、バリューチェーン全体のネガティブ・ポジティブ両面のインパクトを見極め、適切な対応をしていくべきです。プロセスの前後の近いステークホルダーだけではなく広い視点で。必要なのであれば、素材取引先の教育や支援を行わなければならないでしょう。マクロとミクロの双方の視点が必要なのですね。

あわせて読みたい

「環境問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  7. 7

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  10. 10

    優秀な女性流出に危機感ない日本

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。