記事

NHK大河『いだてん』の主人公・金栗四三がグリコのモデル

1/2
2代目マークのパッケージ

 1月6日より放送が開始された、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』。

「W主人公」でストーリーが展開していくのだが、そのうちのひとりが、日本のオリンピック代表選手1号で、「マラソンの父」と呼ばれる金栗四三だ。ドラマでは、歌舞伎俳優の中村勘九郎が演じている。

 じつは金栗四三はかつて、大阪・道頓堀のシンボルにもなっている、お菓子「グリコ」のマークのモデルだった。写写丸は、グリコを販売している「江崎グリコ」の広報担当を直撃取材した。

――「グリコ」のマークはどうやってできたんですか?

「弊社では『ゴールインマーク』と呼んでいます。創業者の江崎利一が、栄養菓子「グリコ」の商標とキャッチコピーを検討していた時期のことです。近所の八坂神社(佐賀県蓮池町)で駆けっこをしていた子供が、両手を大きく上げてゴールインした瞬間を目の当たりにしました。

 その姿を見て、『人間は誰でも健康でありたいと願っており、スポーツこそ健康への近道、子供の遊びの本能もスポーツにつながっている』と思ったんだそうです。

 これ以上商標にふさわしいものはない、と考えた利一は、さっそく原画を描きました。そして、それまでに描いていた花や鳥などのマークとともに、近くの小学校に持参して、子供たちに見てもらいました。

 小学生の人気投票の結果、圧倒的に『ゴールインマーク』の人気が高く、それを採用したのが始まりです。大正11年(1922年)から使用しております」

――マークのモデルが、金栗四三だというのは本当ですか?

「じつは、金栗選手を参考モデルのひとりにさせていただいたのは、2代目のマークなんです。

 店頭にいた利一が、女学生たちの『グリコの(初代)マークの顔がこわい』という会話を聞き、大正12年(1923年)にマークを描き直すことが決まりました。

 2代目マーク(冒頭の画像)は、昭和4年(1929年)から使用していますので、変更まで6年近くの年月がかかったことになります。描き直す決意をしてから、14名もの画家さんに依頼をしたと言われています。

 金栗選手のほかにも、『極東オリンピック(第5回極東選手権競技大会、1921年)』のマラソンで優勝した、フィリピンのカタロン選手や、『パリオリンピック(1924年)』に出場した短距離走の谷三三五選手。さらに、そのほか当時の多くの陸上選手のにこやかなゴールイン姿をモデルにした、という記録が残っています」

あわせて読みたい

「江崎グリコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA維持 男を下げた文大統領

    自由人

  2. 2

    OYO急拡大でアパとの競争激化も

    内藤忍

  3. 3

    沢尻逮捕で考える芸能界と麻薬

    文化通信特報版

  4. 4

    GSOMIA維持で米中の対立激化か

    天木直人

  5. 5

    玉木氏 森議員の情報漏えい謝罪

    玉木雄一郎

  6. 6

    安倍首相 GSOMIA破棄凍結で会見

    AbemaTIMES

  7. 7

    ケンタッキー「安い」で劇的回復

    PRESIDENT Online

  8. 8

    不振のいきステに今行くべき理由

    内藤忍

  9. 9

    夜景撮影 一眼レフよりiPhone11?

    かさこ

  10. 10

    Google検索に勝る専門家の価値

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。