記事

せっかく受験するのなら、結果を恐れずにがんばれるひとになってもらわなきゃ



「入りたい学校があるから中学受験」って一見正論だけれども、両刃の剣でもある。どんなにがんばっても入れないこともあるから。

「中学受験をする目的は思春期を高校受験に邪魔されないため。約300ある中高一貫校を1つの巨大な教育システムととらえ、中学受験とは、その中から自分に合った学び舎に出会うプロセス」と考えた方がいいと私は思う。

「○○高校に入りたいから中学受験しないで高校受験する」というのも同様に両刃の剣。

特定の学校に憧れを抱くのは尊いことだが、そこに入れないと人生が終わってしまうというくらいに思い詰めると、中学受験にしろ高校受験にしろ大学受験にしろ、精神的に過酷になる。

受験なんてそんな大したものじゃない。たくさんの学校を見てきた経験から断言できるが、偏差値が5や10違ったって、教育内容にさほどの差はない。入った後にその環境でどれだけがんばれるかのほうがよほど大事。

第一志望に見事合格した人は、努力が報われる達成感を経験することができるが、受験の結果が100%望んだとおりでなかったとしても、腐らずに堂々と自らの道を歩めるひとのほうが、人生という長い道のりの中では断然強い。もし受験で不本意な結果を得たひとは、その強さを手に入れるチャンス。

受験ははっきりと結果が出るという意味で残酷なイベントではあるが、どんな結果になったとしても本人の心がけ次第で「生きる力」の種は得られる。

そこそこ人生経験を積んできた大人が「受験で失敗したら大変だ!」などといたずらに子供を脅しているようじゃ、大学入試改革をしたって悪しき受験文化は変わらないよ。

せっかく受験するのなら、結果を恐れずにがんばれるひとになってもらわなきゃ。

あわせて読みたい

「大学受験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  5. 5

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  6. 6

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  7. 7

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  8. 8

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  9. 9

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  10. 10

    ソウル市長の遺体発見 自殺説も

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。