記事

原油先物3%高、OPEC減産量公表や米中関係改善の兆しで

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米国時間の原油先物は約3%上昇した。石油輸出国機構(OPEC)が今年からの減産合意に基づく6月までのOPEC加盟国および非加盟国による減産量を公表したことや、米中貿易摩擦が進展する兆しを受けた。

清算値は、北海ブレント<LCOc1>が1.52ドル(2.48%)高の1バレル=62.70ドル。WTI<CLc1>は1.73ドル(3.32%)高の53.80ドルだった。

週間ではともに3週連続の上昇。前週末から約4%上昇した。

プライス・フューチャーズ・グループのアナリストは、OPECが公表した減産量について「彼らが真剣であるとのシグナルを市場に送ることになる」とし、減産順守を確実にするための関係国からの圧力としても利用されるだろうとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    体操内村の偽陽性報道 医師異論

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  6. 6

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  7. 7

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  8. 8

    橋下氏「毎日新聞は公選法違反」

    橋下徹

  9. 9

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。