記事

元人気女子アナが韓国政府を猛批判「北が敵じゃないって…」

韓国の最大野党・自由韓国党のペ・ヒョンジン前非常対策委員会報道官が、韓国国防省が発表した国防白書の最新版から「北朝鮮は主敵」との表現が消えたことを巡り、「ならば徴兵は何のためにするのか」と猛批判している。

韓国MBCテレビの元アナウンサーで、同局の看板キャスターだったペ・ヒョンジン氏は昨年3月9日、自由韓国党に入党。非常対策委員会の報道官を昨年末まで務めた。現在は同党の地域組織の委員長として、次期総選挙に備えている。

(参考記事:【写真】韓国MBCの元美人キャスターが自由韓国党入り

最近、支持率が低迷する文在寅大統領に対し強気の攻勢に出ている自由韓国党だが、ぺ・ヒョンジン氏は経歴が経歴だけに、その発言に対する注目度も高い。

(参考記事:【写真】文在寅批判の「美人過ぎる」野党議員…過去には「親日派」報道も

同氏は15日、自身のフェイスブックに次のように書き、政権の姿勢を批判した。

「休戦中であるわが国の国防白書から「主敵」が消えました。 (ならば)大切な息子たちの徴兵は、何のために行うのでしょうか」

息子を軍隊に送る、韓国の母親たちの心情を代弁した言葉だ。続けて同氏は、「韓国と北朝鮮の平和は、私も願っています」としながらも、北朝鮮が引き起こした韓国海軍の哨戒艦「天安」の撃沈、延坪島(ヨンピョンド)に対する砲撃事件、金剛山での女性観光客射殺事件に言及。「忘却が美徳になり得ない事件の数々が、依然として私たちの現実なのです」と述べ、続けて「わが国のすべての軍事努力は、歴史的『加害当事者―北朝鮮』に対する備えであった」と強調している。

もっとも、北朝鮮を「敵」とする表現は1995年版の国防白書で初登場し、その後は出たり消えたりを繰り返してきた。現在、韓国と北朝鮮が対話を進めていることを踏まえれば、今回の国防白書から「北朝鮮は敵」との表現が消えたのも、さほど驚くことではない。

きのうまでは敵だったとしても、両当事者が敵対関係の解消に向けて努力していれば、どこかの時点で敵ではなくなるわけだから。

ペ・ヒョンジン氏の主張は正論だと思うが、正論はひとつだけとは限らない。要は理念の問題であり、平和を実現していく道筋の問題だ。これまで北朝鮮との「融和」一辺倒で走ってきた文在寅政権だが、すでに韓国国民の熱狂もおさまってきている。今後は北朝鮮の人権問題をどうするかなど、急激な融和によって抱え込んだ矛盾を露呈しながら、保守派からの強力な挑戦にさらされていくことになる。

(参考記事:北朝鮮女性、性的被害の生々しい証言「ひと月に5~6回も襲われた」

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  5. 5

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  6. 6

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  7. 7

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  8. 8

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  9. 9

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。