記事

ドルが対ユーロで上昇、ポンドは国民投票実施期待で一段高=NY市場


[ニューヨーク 17日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ユーロ圏の経済指標が軟調だったことを受け、ドルが対ユーロで上昇した。英ポンドは欧州連合(EU)離脱を巡る2回目の国民投票が実施されるのではないかとの期待から上昇した。 EU統計局が発表した12月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)改定値は前年比1.6%上昇となり、11月の1.9%上昇から鈍化した。[nL3N1ZH35D]こうした中、ドルはユーロ<EUR=>に対し1.1367ドルと、約2週間ぶりの高値に上昇した。

今週は15日にドイツ連邦統計庁が2018年の国内総生産(GDP)速報値は前年比1.5%増となったと発表。5年ぶりの低い伸びとなり、前年からの減速が浮き彫りとなった。[nL3N1ZF397]これを受け、ユーロは15日以来、対ドルで0.80%下落している。

オアンダの首席外為ストラテジスト、ディーン・ポップルウェル氏は「今週に入って発表された欧州の経済指標は軟調で、経済的な観点からすれば、欧州は事実上のリセッション(景気後退)に入った可能性があることが示唆されている」と述べた。

英ポンドは対ユーロ<EURGBP=>で2カ月ぶりの高値を更新。合意なき離脱は回避できるとの見方からポンドは上昇していたが、離脱の是非を問う2回目の国民投票実施に向けた観測が高まったことで、午後に入り上げ幅を拡大した。

ポンドは対ドル<GBP=>でも上昇。0.77%高の1.298ドルと、昨年11月15日以来の高値を付けた。

市場では週内のポンドは比較的狭い範囲での動きになるとの見方が大勢となっている。

ドル/円 NY終値 109.23/109.25

始値 108.86

高値 109.39

安値 108.69

ユーロ/ドル NY終値 1.1395/1.1400

始値 1.1398

高値 1.1408

安値 1.1370

(表はリフィニティブデータに基づいています)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。