記事

「渋谷」を媒体に「ダイバーシティ」実現を目指す「超福祉展」- 長井美暁

1/2
ボディシェアリングロボット「NIN_NIN」と、その開発チームのメンバー大瀧篤氏(左)と高橋鴻介氏 撮影:菅野健児(以下同)

「カッコイイ」「カワイイ」「ヤバイ」。展示品を見たり試したりしていると、そんな言葉が思わず口から出る。それが、2014年から毎年11月の1週間、渋谷ヒカリエを中心に開催されている「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」、略して「超福祉展」だ。2018年も11月7~13日に開催された。

「全員がゼロ以上の地点に」

「目指すはダイバーシティの実現、違いに寛容な社会です。健常者も、障害者も、高齢者も、外国人も、LGBT(セクシュアル・マイノリティ)も、あらゆる人が交ざり合う。そのためには1人1人の心の中にあるバリアを取り除く必要があります。バリアの原因は単なる無知だから、交ざり合うことに慣れれば自ずと氷解します。超福祉展は、皆さんにワクワクしながら交ざり合ってもらおうと思って立ち上げました」

NPO法人ピープルデザイン研究所の代表理事の須藤シンジ氏

こう話すのは、同展を主催するNPO法人ピープルデザイン研究所の代表理事、須藤シンジ氏だ。

「これまでの福祉には、障害者をはじめとするマイノリティをゼロ以下のマイナスの存在と捉え、この“かわいそうな人たち”をゼロに引き上げようとしているイメージがあります。そのような福祉のイメージを超えるのが“超福祉”。全員がゼロ以上の地点にいて、交ざり合っていることが当たり前。ハンディキャップのある障害者が健常者よりも“カッコイイ”“カワイイ”“ヤバイ”と憧れられる。そんな未来を目指しています。つまり、私たちが超福祉と定義するのは、心のバリアフリー、意識のイノベーションです」

超福祉展では、来場者に超福祉を「自分のもの」にしてもらうために、まず展示を見て「知る」、次にシンポジウムに参加して「考える」、そして体験型イベントで「体験する」――、この3つのステップでプログラムを構成している。今回、渋谷ヒカリエ8階「08/」の会場に展示されたプロダクトの一部をご紹介しよう。

「福祉機器をつくる意識はない」

手動運転補助装置「グイドシンプレックス」。シミュレーション機器を動かすと、ドライビングゲームのように楽しく操作性を確かめられた

イタリア車やフランス車の販売代理業を営む株式会社ジー・エス・ティーが出展していたのは、イタリア・グイドシンプレックス社製の手動運転補助装置だ。ステアリングの裏に取り付けたアクセルリングを指先で左右にスライドすれば、アクセルを簡単にコントロールできる。ブレーキはステアリング下部に設置されたレバーを押すことで作動する。装置はすっきりした見た目で、健常者が日常で使用している車に取り付けられ、障害者用の車を新たに買わずに済む。

アクティブムーブチェア「Weltz-EV(ウェルツ イーヴイ)」は、いわば電動車椅子のようなオフィスチェア。車輪を椅子の内側に収めているので見た目がコンパクトで、オフィス環境に馴染むデザインが特徴だ。

オカムラが2019年春に発売を予定している「Weltz-EV」

この椅子はオフィス家具メーカーの株式会社オカムラが、2018年4月に発売した「Weltz-self(ウェルツ セルフ)」の電動バージョンだ。

「高齢者や足腰の弱い方は、歩行のバランスが不安定で転びやすい。Weltz-selfは座ったまま、オフィス内を移動できる椅子をつくってほしいという依頼から生まれました」

と、同社デザイナーの新行内弘美氏は話す。通常のオフィスチェアでも座ったまま移動できるだろうと思うかもしれないが、実際にやってみてほしい。小さいキャスターが4~5個付いているため抵抗が大きく、足で漕ぐときには椅子の脚も邪魔で、思うように移動できないはずだ。

Weltz-selfの開発で得た知見を活かしたWeltz-EVは、肘掛けに備え付けの「ジョイスティック」を操作して移動する。このスティックは直感的に操作でき、旋回も難しくない。スムーズな移動に楽しくなり、展示ブースを離れて渋谷ヒカリエ8階の通路も走らせてもらったほどだった。

RDSが展示していた車椅子

そして、株式会社RDSが展示していた車椅子は、私たちが思う車椅子のイメージを超える、スタイリッシュなデザインだ。同社はプロダクトデザインをはじめ、モータースポーツやロボット、航空宇宙分野の部品のデザイン・設計から製造まで手掛け、5年ほど前からチェアスキーのシートを日本代表選手と一緒に開発している。同社の中村耕太氏が説明する。

「下半身が動かない、場合によっては上半身も動かない、そのような方が時速100キロ以上のスピードで雪山を下るとき、バランスをとるのはお尻とシートのつながりなんです。そうしたシートの開発や、並行して一般的な車椅子や陸上競技用の車椅子なども開発するなかで、それぞれ違う身体の状態に合わせて、必要充分なサポートを行えるシートを日々探求しています。

 私たちには福祉機器をつくっているという意識はありません。お付き合いのある障害者の人たちは皆さん、すごくアクティブだから。そういう方々が喜んで乗ってくれるようなデザインによって、車椅子が既存のイメージの枠を超え、生活を豊かにする1つの移動手段となることを目指しています」

車椅子のシートの形状や位置は、使用者に合わせて個々に調整する。そのための測定装置も開発中で、「人間をどう乗せるか、というソフトウェアの部分を整えていきたい」と話す。

次世代型パーソナルモビリティの「WHILL」

そのほか車椅子では、次世代型パーソナルモビリティとして知られる「WHILL」に試乗して、渋谷のまちなかを走る体験ツアーも開催された。この製品が生まれた背景には、「車椅子に乗っていると、障害者で助けが必要という目で見られるために、100m先のコンビニに行くのをあきらめる」という車椅子利用者と開発メンバーとの出会いがあった。2014年に最初のモデルを発表して以降、今や、超福祉の考え方を率先して体現するような存在に成長している。

あわせて読みたい

「福祉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  8. 8

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  9. 9

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  10. 10

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。