記事

日本人が日本人の面倒を見るという当たり前の介護を

1/2
BLOGOS編集部

最近さ、タレントや芸人が政治の問題に対して発言すると、その度に「よく言った」とか「立場をわきまえろ」とか騒がしくなるけど、誰が何を言ったっていいんだよ。言いたいことがあればどんどん言っていい。

だけど、知名度があって世間に顔が知られている存在なら、公での政治的発言は自分自身にも返って来るからな。自分がきちんとしてるなら堂々としてればいいし、表のパフォーマンスだけで裏でおちゃらけてるヤツだったら信用もされずに叩かれるだろうよ。結局、中身が問われるってことだ。

俺の盟友だった立川談志は、政治的発言なんてレベルからも飛び越えてたな。世間が北朝鮮の拉致問題で大いに騒がしくなった時期に、独演会の高座でしょっちゅう「キムジョンイル、マンセー!」ってやってた。もちろん本気でそんなこと思っちゃいないよ。客がどんな反応するか見たいだけなんだ。もっとも談志を聴きに来る客は大人だからね。言葉の表面だけ捉えて「不謹慎だ」なんて騒ぐやつもいなかったよ。そのうち「談志のやつ、またキムジョンイル、マンセーって言ってるよ」って呆れたりしてね(笑)。

談志は1971年から参議院議員を6年やったけど、よく俺にね「お前さ、都知事選出ろよ」って言ってたよ。「出れば絶対通るよ。お前みたいにあちこち走り回ってさ、ほんとのドブ板見てるヤツは他にいないんだから。都知事になっちゃえよ」って。確かに俺はラジオ(「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」TBSラジオ)の中継で、毎日毎日どれだけの町を訪ねて、地元の声を聞いてきたか…。

でも俺が選挙出て都知事に選ばれてもさ、議会で質問がしつこい女性議員相手に、いつもの調子で「うるせーなこのババア!」なんてすぐ言っちゃうんだろうな。そしたら、真っ先に懲罰委員会かけられてクビだよ(笑)。

俺なんかはさ、こうしてタレントをしてるからいいのであって、ジジイはジジイ、ババアはババアって言いたいように言えるからいいんだ。始めから都知事をやるような器じゃないってことは自覚してるよ。

でもね、ラジオの現場を通じてさ、あたり前の庶民がどんな暮らしをして、どんなことを良いと感じ、どんな問題に腹を立ててるのかってのを、常に見聞きしてるからね。「あれは、ああしてほしい」「これは、こうしてほしい」なんて次々に聞かされてさ、「まむしさん、何とかしてよ」って陳情されっ放しだよ(笑)。

志望者が減り続ける介護業界

写真AC

中でも切実なのは福祉の問題だな。俺ね、福祉関係の大学で長らく授業を受け持ってるんだ。そこでは介護職志望の学生がこの10年、段々と減ってるの。あのね、10年ぐらい前は介護業界が世間的にもクローズアップされて、学生の志望者が大勢いたんだ。

だけど今では状況一変。人が集まらないから介護系の専門学校も徐々に潰れ始めてる。少子化で定員割れの大学も目立つし、学校側は外国人を受け入れる方向に舵を切っているよ。

なぜ介護職の志望者が減っているか? 介護の現場は要するに「仕事がきつい」「社会的地位が低い」「収入が低い」ってことなんだ。介護職は他の職業と比べたときに収入が低いから、就職しても結婚して家庭持って子育てするのも経済的に難しい。介護という職場に興味があったとしても、自分自身の将来を考えたら…って、そりゃあ成り手も減ってくよ。

介護は見ての通り、モノを売る仕事じゃない。健康な人が弱っている人の世話をするという福祉事業だよ。現場で働く人々の給料を下支えするのは、国民の税金と介護保険料で収めた金だ。これが介護職の人件費に補填されるんだ。

だけど介護保険料で徴収される額には上限がある。給料は上がらない。待遇が向上しないから介護職は増えない。むしろ減っている。年々高齢者は増え、要介護者の数は増えている。そうなると一人あたりの仕事量が増える。現場がどんどんきつくなる。だけど給料は上がらない。他の業種のほうが条件がいい。やむをえず離職。そういう業界に入ってくる若い人は先細り…。介護職の業界はマイナスのスパイラルに覆われてるんだ。

現在、どれぐらい介護職が足りてないのか。厚労省の発表によると2020年に必要な介護職員数が約225万人で、供給が予想される人員が205万人。約20万人足りないそうだ。そして、団塊の世代(1947年~49年生まれ)が75歳以上の後期高齢者になり、要介護者の大きな増加が予想される2025年には、必要な介護職員が約245万人で、供給が予想される人員が211万人。約34万人が不足する見通しらしい。

人間誰だって必ず老いる。いつ介護が必要になるかわからない。決して他人事ではなく、ごく身近な自分自身の問題なんだ。そりゃまあ、一部の金持ちは金を積むことでさ、倉本聰さんのドラマでやってた「やすらぎの郷」みたいなさ、何から何まで不自由のない高級な有料老人ホームに入れるだろうよ。

でもそんな老後はごく限られた一部の人のもの。庶民の大多数は費用をなんとか安く抑えられる「特養(特別養護)老人ホーム」の入居待ちだったり、訪問介護ヘルパーのデイサービスでしのいだり、老老介護で綱渡りの暮らしになったりさ、切実なんだよ。

介護を受けたくても、介護職者がいないから介護を受けられない、にっちもさっちもいかず放ったらかしになる…まもなくそういう日本になるってことだ。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  2. 2

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

  8. 8

    韓国で不買運動 ユニクロも打撃

    文春オンライン

  9. 9

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    高収入の夫 変わらぬ古い価値観

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。