記事

ヨネスケが明かす『隣の晩ごはん』初回ロケはヤラセだった!

 お茶の間のテレビファンにとってヨネスケといえば、落語家より『突撃!隣の晩ごはん』のレポーターの印象が強いだろう。

大きなしゃもじを持ってアポなしで人の家に上がり込み、他人の家の晩ごはんを紹介する番組だった。

 晩ごはんへの興味もさることながら、突撃されて戸惑う主婦とヨネスケのやり取りが、新鮮でおもしろかった。1985年にワイドショーのコーナーとして始まり、番組の終了と同時にいったん幕を閉じたが、別番組でコーナーは続き、2016年から2017年には、新たにBSでも放送された。

「転機といったって、いろいろある。落語家になったときもそうだし、『隣の晩ごはん』もそう。37歳のとき。あれは、オーディションを受けて出演が決まったもので、ワンクールで終わると思ってた。

 まだ覚えてるけど、1回めは、新宿の都営住宅の70歳ぐらいの老夫婦宅を突撃した。1度の収録で最初の家から紹介、紹介でだいたい3軒まわるんだけど、最初の老夫婦にはディレクターが前もって内容を話していた。

 こっちはそんなこと知らないから、意を決して『突撃! 隣の晩ごはん』と入ったら、おばあちゃんが出てきて、三つ指ついて『いらっしゃいませ』。

 拍子抜けして居間へ上がると、うなぎ、天ぷらに寿司が並んでる。ふだん、これは食わないだろう。ふっと見たら、お父さんがネクタイを締めて座ってる。

 それでディレクターに『これは駄目、絶対にこんなもん駄目。いいよ、俺がアポなしで入るから』。次に突撃した家がおもしろかった。3カ月で終わると思ってたら、人気になっちゃって、なんだかんだ30年も続いちゃった」

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。