記事

ヨネスケが明かす『隣の晩ごはん』初回ロケはヤラセだった!

 お茶の間のテレビファンにとってヨネスケといえば、落語家より『突撃!隣の晩ごはん』のレポーターの印象が強いだろう。

大きなしゃもじを持ってアポなしで人の家に上がり込み、他人の家の晩ごはんを紹介する番組だった。

 晩ごはんへの興味もさることながら、突撃されて戸惑う主婦とヨネスケのやり取りが、新鮮でおもしろかった。1985年にワイドショーのコーナーとして始まり、番組の終了と同時にいったん幕を閉じたが、別番組でコーナーは続き、2016年から2017年には、新たにBSでも放送された。

「転機といったって、いろいろある。落語家になったときもそうだし、『隣の晩ごはん』もそう。37歳のとき。あれは、オーディションを受けて出演が決まったもので、ワンクールで終わると思ってた。

 まだ覚えてるけど、1回めは、新宿の都営住宅の70歳ぐらいの老夫婦宅を突撃した。1度の収録で最初の家から紹介、紹介でだいたい3軒まわるんだけど、最初の老夫婦にはディレクターが前もって内容を話していた。

 こっちはそんなこと知らないから、意を決して『突撃! 隣の晩ごはん』と入ったら、おばあちゃんが出てきて、三つ指ついて『いらっしゃいませ』。

 拍子抜けして居間へ上がると、うなぎ、天ぷらに寿司が並んでる。ふだん、これは食わないだろう。ふっと見たら、お父さんがネクタイを締めて座ってる。

 それでディレクターに『これは駄目、絶対にこんなもん駄目。いいよ、俺がアポなしで入るから』。次に突撃した家がおもしろかった。3カ月で終わると思ってたら、人気になっちゃって、なんだかんだ30年も続いちゃった」

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。