記事

ヨネスケが明かす『隣の晩ごはん』初回ロケはヤラセだった!

 お茶の間のテレビファンにとってヨネスケといえば、落語家より『突撃!隣の晩ごはん』のレポーターの印象が強いだろう。

大きなしゃもじを持ってアポなしで人の家に上がり込み、他人の家の晩ごはんを紹介する番組だった。

 晩ごはんへの興味もさることながら、突撃されて戸惑う主婦とヨネスケのやり取りが、新鮮でおもしろかった。1985年にワイドショーのコーナーとして始まり、番組の終了と同時にいったん幕を閉じたが、別番組でコーナーは続き、2016年から2017年には、新たにBSでも放送された。

「転機といったって、いろいろある。落語家になったときもそうだし、『隣の晩ごはん』もそう。37歳のとき。あれは、オーディションを受けて出演が決まったもので、ワンクールで終わると思ってた。

 まだ覚えてるけど、1回めは、新宿の都営住宅の70歳ぐらいの老夫婦宅を突撃した。1度の収録で最初の家から紹介、紹介でだいたい3軒まわるんだけど、最初の老夫婦にはディレクターが前もって内容を話していた。

 こっちはそんなこと知らないから、意を決して『突撃! 隣の晩ごはん』と入ったら、おばあちゃんが出てきて、三つ指ついて『いらっしゃいませ』。

 拍子抜けして居間へ上がると、うなぎ、天ぷらに寿司が並んでる。ふだん、これは食わないだろう。ふっと見たら、お父さんがネクタイを締めて座ってる。

 それでディレクターに『これは駄目、絶対にこんなもん駄目。いいよ、俺がアポなしで入るから』。次に突撃した家がおもしろかった。3カ月で終わると思ってたら、人気になっちゃって、なんだかんだ30年も続いちゃった」

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  8. 8

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。