記事

米原油先物は下落、世界経済の見通しに不透明感


[シドニー 16日 ロイター] - アジア時間午前の原油先物は下落。世界経済の見通しに対する懸念が価格を下押しした。

0024GMT(日本時間午前9時24分)時点で、米WTI原油先物<CLc1>は29セント(0.5%)安の1バレル=51.82ドル。北海ブレント先物<LCOc1>の取引はまだ始まっていない。

前日の相場は、中国が低迷する経済の安定に向けて政策を導入する計画が支えとなり3%超上昇した。だが、米中貿易摩擦による悪影響への懸念は根強く、短期的な下支え材料となるにとどまった。

先物ブローカーOANDAのシニアアナリスト、アルフォンソ・エスパルザ氏は「今週中国で発表された貿易統計は、輸出入とも前向きな内容とはならず、貿易摩擦による明らかな影響を示した」とみている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  8. 8

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    NYポストのバイデン記事は陰謀か

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。