記事

花粉症対策の嘘。間伐すればするほど花粉飛散量は増え補助金で潤うカラクリ

1/2

[画像をブログで見る]

 年が明けて、スギ花粉の飛散予測が出始めている。

 2月に入ったら九州から花粉が飛び始め、3月には本州を覆うとはずだから、ちょうど予報時期なのだろう。スギの後にはヒノキ花粉も飛び出す。19年は例年比でみると、東北から近畿、九州は増えるところが多いようだ。なかには花粉飛散量を前年の2倍~5倍を予測する地域もある。

 また花粉に対する怨嗟の声が花粉症患者から上がるに違いない。

 ところで、飛散するスギやヒノキ花粉を少しでも減らそうと実施されているのが、間伐と枝打ちである。

 物理的に花粉をつける雄花を減らすというだけでなく、よく語られるのが「手入れが十分されないスギ林は密生状態になって衰弱する。すると枯れる前に子孫をつくるため花を咲かせ、花粉をたくさん出して飛散させる」という説明である。

 そして間伐が推奨される。木々の間を透かしてスギが元気に育てば花粉も減ると考えるのだろう。林野庁も間伐の推進を花粉症対策になるとしているし、東京都も 2006年からは10年間の「花粉発生源対策」と称して、間伐と残した木々の枝打ちを実施した。この計画で1万ヘクタール近くの人工林で間伐と枝打ちを実施したらしい。

「枯れる前に子孫を残そうと」するとか、木の本数や枝を減らせば花粉の飛散する量が減るという発想はわりと納得しやすいというか、心情的に伝わるのかもしれない。しかし、明確な実証データもなく、科学的とはいいがたい。

 むしろ樹木が衰弱したら、雄花は減り花粉生産量も減少すると考えるべきではないか。そして間伐で周囲に空間が広がれば、残した木々の生長がよくなり、枝葉も広げられるから雄花がたくさんつき、花粉は多くつくられることが想像すべきだろう。

 現実に、雄花は日当たりのよい部分に育つから、間伐で本数を減らしたことで日光が当たるようになった木々では花粉を増産する。つまり間伐した年は花粉飛散量は減るかもしれないが、翌年には残した木の枝が大きく育ち、花粉は盛大に飛散するのである。

花粉をいっぱいつくって膨らんだスギの雄花

 実際にそうした研究結果も出ている。

 森林総合研究所関西支所の研究(1998年)によると、

間伐は林分雄花生産を最大2倍強増大させ、間伐で雄花生産を減らすには9割以上木を伐る必要があることが分かった

間伐による雄花生産抑制は間伐年には有効だが2年目以降は逆効果となる可能性がある。

とある。

あわせて読みたい

「花粉症」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  4. 4

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  5. 5

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  6. 6

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  7. 7

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  8. 8

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  9. 9

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

  10. 10

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。