記事

南極の氷解速度、過去40年で6倍に加速=研究


[オスロ 14日 ロイター] - 地球温暖化の進行により南極の年間氷解速度が過去40年間に6倍に加速しているとの研究結果が発表された。米国科学アカデミー紀要(PNAS)誌に掲載されたもので、この状況が続けば今後数世紀の間に海面が数メートル上昇する可能性があるとみられている。

研究は東南極氷床の端の部分が解けており、海面上昇を助長していると指摘。西側で発生しているような氷解は東側では回避されているとするこれまでの報告と異なる見解を示した。

研究によると、2009─17年の南極の純氷解量(積雪と氷解の差し引き)は2520億トン。1979─91年の平均は400億トンだった。

研究は南極の氷解により過去40年間で海面を13.2ミリ押し上げる量の水が供給されたと計算。フランス、オランダ、米国の科学者から成る研究チームを率いたカリフォルニア大学のエリック・リグノット地球システム科学教授は、「これはいわば、氷山の一角」と指摘した。

地球の海面は過去1世紀で約20センチ上昇している。他の多くの研究によると、グリーンランドから南極までの範囲で氷解が進み、バングラデシュ、米フロリダ州などの沿岸や、ロンドン、上海などの都市に脅威が生じている。

研究は、1992─2017年に解けた南極の氷の量を1690億トンと推定。昨年に大規模な国際チームが推計したところでは、この期間の氷解量は1090億トンとなっていた。

この差は主に、PNASに掲載された論文がこの期間に東南極で570億トンの氷が失われたと指摘したのに対し、昨年の研究では50億トン増えたとしていたことが原因という。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。