記事

イスラム法と憲法の問題(チュニジア)

チュニジアでは新憲法制定問題との関係で、イスラム法{シャリーア)の地位の問題が重要な政治問題に浮上している模様ですが、議会で最大の等であるアル・ナハダは26日、新憲法でシャリーアについTて言及することには反対であると表明したとのことです。

これは27日づけのal qods al arabi net がアルナハダ党首のガンヌーシの言葉として伝えるもので、それによるとガンヌーシはチュニジア革命は国民の一致があってこそ成就できるもので、国民の一致を妨げる動きには反対であるとして、旧憲法第1条がシャリーアに触れることなくイスラムが国家の宗教であると規定していることを留保付きで支持すると述べたとのことです。
確かアルナハダは議席の40%だったかを占めており、その立場は穏健イスラム勢力と言うこともあり、今後の憲法論議で決定的に重要と思われるが、ガンヌーシ党首の発言の意義は大きいと思います。

因みにチュニジア国民の殆どすべてがスンニ派のイスラム教徒で、エジプトのような少数宗派の問題を抱えている訳ではないが、独立以来基本的に世俗主義の体制をとってきた国がらだけに、シャリーアの問題はセンシティブな問題です。

本日もお伝えした益々過激化するサラフィー主義者の反応が気になります。

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-03-27-07-20-07.htm

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

  8. 8

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  9. 9

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  10. 10

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。