記事

廃炉撤去は不可能、永遠のお荷物に:福島原発2号機

東電福島第一原発2号機の内部状態がようやく実測され、8分も中にいれば死ぬ猛烈な線量と、放射線から人間を守るための水が張れない事実から2号機の廃炉作業は実施不能と判明しました。

水を張るために格納容器の水漏れ場所を塞ぐ道が模索されるのでしょうが、建屋地下に漏れだしている汚染水の放射能レベルは、そこで人間が作業可能なレベルではありません。廃炉撤去することは不可能で、永遠のお荷物として付き合わねばならない覚悟をすべきです。

読売新聞の《2号機格納容器内「被曝すれば8分で死に至る」》は「調査は26日に内視鏡を挿入した配管に、線量計を入れて測定した。壁面から50~100センチの場所で計8か所測り、線量は毎時31~73シーベルトだった。定期検査中の格納容器内の線量に比べ、10万倍以上高い」と報じました。致死線量10シーベルトを瞬く間に浴びてしまう死の空間でした。

朝日新聞の《格納容器内の水位、わずか60センチ 福島第一2号機》はこう伝えました。「工業用内視鏡で調査し、水位を確認したと発表した。水位は格納容器の底から60センチの高さで推定より大幅に低かった。水温は48.5~50度で、推定でしかなかった格納容器内の水の状態が初めて確かめられた」「東電は水位を格納容器の底から3.5~4メートルにあると推定していた」

廃炉は高さ30メートル以上ある格納容器を水で満たし、底が抜けている圧力容器、溶け落ちた核燃料へと順番に撤去していく作業手順です。水が張れることが決定的な重要条件です。現状で水が底部のどこから漏れだしているのか全く分かりませんし、炉心溶融で高温高圧を受けた格納容器上部の損傷ぶりも大きいと考えざるを得ません。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。