記事

プロ麻雀"Mリーグ"はスポーツと言えるか

■生みの親はサイバーエージェントの藤田晋社長

2018年7月にプロ麻雀リーグが発足し、10月1日から7チームが優勝賞金5000万円の争奪戦を行う。その名もMリーグで、生みの親はサイバーエージェント社長であり、2014年にプロ・アマ混合麻雀最強戦で優勝した藤田晋氏だ。同リーグのチェアマンに就いた藤田氏の狙いは、麻雀に対する先入観の払拭にある。

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見(7月17日)。(時事通信フォト=写真)

「麻雀=賭け事の印象が強く、有名人にも愛好家が多いのに、なかなか公言できなかったのが実情。ノーギャンブル宣言をしたMリーグがイメージを向上させる可能性は十分ある」

こう期待するのは「麻雀ウォッチ」編集長の河下太郎氏。Mリーグでは、出場雀士がお金を賭けると即除名処分に。また、麻雀をスポーツ化することでも、健全な印象を定着させようとしている。

■若年層は「賭けない麻雀」が普通の感覚

ユニホームを着てチーム戦で競い合う一方、同リーグの最高顧問にはJリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏が就任。藤田氏の構想に賛同し、サイバーエージェントとともに電通や博報堂DY、テレビ朝日、セガサミー、コナミ、ユーネクストがチームオーナーとなった。

「2017年には国際マインドスポーツに認定され、認知症予防に効果的とも言われている」(河下氏)のも、麻雀の健全化にとっては朗報。そもそも若年層はオンラインゲームでルールを覚えるケースが多く、賭けない麻雀が普通の感覚だ。

(金融ジャーナリスト 大西 洋平 写真=時事通信フォト)

あわせて読みたい

「麻雀」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  2. 2

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  3. 3

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  4. 4

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  5. 5

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  6. 6

    【会見全文】「アベノミクスは失敗だった、間違いなく」立民・枝野幸男代表が検証報告を発表

    BLOGOS しらべる部

    09月21日 12:14

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    NY市場が大荒れ 中国恒大集団の影響とアメリカそのものにも問題あり

    ヒロ

    09月21日 11:38

  9. 9

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  10. 10

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。