記事

1月12日(土)ムネオ日記

 JOC(日本オリンピック委員会)竹田恒和会長がフランス当局により取り調べを受けたことが大きなニュースになっている。

 オリンピック誘致にはさまざまな人間関係、ルート、コネクションが必要とされる。その中で誘致運動が進められるわけだが、当然IOC(国際オリンピック委員会)の幹部、役員へのアプローチも大事である。

 そうした中で日本としても最善の策を講じて来年の東京オリンピック大会誘致にこぎ着けたと思う。

 賄賂を贈ったという疑いだが、日本としては正式な手続きを踏んでしかるべき関係者にコミッション料を払ったとの認識だろう。ここは日本の名誉の為にもしっかりJOCは対応するべきである。

 いわれなき話でうやむやにすることなく、きちんと筋を通すべきだ。

 「今回の件はカルロス・ゴーン氏の件に関し、フランスが対抗措置を取ってきたのではないか」といった声も届けられた。

 カルロス・ゴーン氏の逮捕は11月17日であり、竹田会長は12月10日パリで事情聴取を受けたとされる。

 時系列で行くとそう受け止める話もあるのかと思いながら、しっかりJOC竹田会長には事の次第に対処してもらいたい。個人ではなく、日本の名誉の為にである。

 厚労省がまた大失態である。勤労統計の不適切調査問題は日本の経済統計の信用を無くすことになる。なんということか。

 年金問題に始まり、ここ何十年、厚生労働省は不祥事続きである。大胆な意識改革と強く反省を求めたい。

 単に大臣が頭を下げて済む話ではない。国民は怒っていることを肝に銘ずるべきである。

 11時半から札幌で大変お世話になっている道路工業グループ道興企業体の新年交礼会に出席。鈴木貴子代議士共々招かれ、大歓迎を受ける。

 千歳から羽田経由で高松に飛び、香川県で大変お世話になっている株式会社松本光春商店の新年会に出席する。北海道にも関連会社があり、全国展開、中国にも進出している会社である。

 昔からの人間関係に心から感謝したものである。

あわせて読みたい

「JOC竹田会長の贈賄疑惑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  5. 5

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  6. 6

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  9. 9

    巨人上原の遅すぎる引退に違和感

    幻冬舎plus

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。